近況。

じたばたドタバタしている間に、7月が終わってしまいました。私自身は意気消沈気味ではありますが先日の負傷(階段落ち)もほぼ治ってきています。ただし右ひじをつくと痛いです…。 閑話休題、数日前の非常に暑かった日に、仕事場で急病人が出てしまいました。コロナ関連ではなかったのですが、このご時世のため救急車がなかなか来ません。幸い搬送が間に合って大事には至らなかったものの、救急病院まで付き添った私は…

続きを読む

新国立劇場に行ってきました。

今年は「ペンギン・カフェ」が夏休みお楽しみ企画でした。1幕もので40分程度の作品なので、第1部は絶滅危惧種や環境問題についてのお話、第2部が「ペンギン・カフェ」上演です。 お話は(大きなお友達はともかく)子供たちには難しかったかも。(でも、いいお話ではありました)それを踏まえた上で鑑賞した「ペンギン・カフェ」は一際味わい深いです。 1階や2階などに、絶滅した動物たちの展示が出ていまし…

続きを読む

どうやら落ち着きました。

しばらく間があいてしまいました。過日「階段落ち」にて傷めた右肘は擦り傷と打撲で済んだようで、通院の必要もなかったです。腰と足には(臀部が2、3日痛かったくらいで)異常ありません。 閑話休題、このところブログを含めてほぼ不在にしていました。…まあ、お察しいただければと思います。事情は落ち着きましたが、まだ残務整理が残っていますので、突然行方不明になるやもしれませんので生暖かく見守っていただけ…

続きを読む

サマーミューザから帰宅中。

右肘はやはり痛いですが、しっかりサマーミューザを鑑賞してきました。 今年のテーマはラヴェルのバレエ音楽、ってことはしっかり「マ・メール・ロワ」がついてくるわけでw この曲を聞くと、高確率で寝てしまうのである意味苦手かも。ちなみに、今年は最初だったので寝ずに済みました。 「マ・メール・ロワ」は置いといても、「ラ・ヴァルス」と「ボレロ」を聴いて観て楽しめたのはよかったです。

続きを読む

転落(>_<)(怪我ネタ注意)

今日の東京は朝から梅雨時と大差ない空模様でした。仕事上やむを得ず、近くの郵便局(片道約1キロメートル)まで行くため仕事場を出ました。 道路への通用口の階段を降りていたところ、折から降り続く雨で滑りやすくなっていたので足を取られ、しっかり階段最下部まで転落しましたΣ(>Д<) しばらく何が起きたかわからずに呆然としたのち、どうやら臀部から落ちたから怪我はなさそうだと判断しておきあがりました。…

続きを読む

[[歪んだ朝]]を執筆しました。

[[歪んだ朝]] 数回の中断(+相方の妨害w)を挟みつつ、1か月弱で書きあがりました。今年惜しくも天の彼方に旅立ったトラベルミステリーの名手、西村京太郎先生の初期短編です。 この作品には大掛かりなトリックやアリバイ工作などはなく、ほのかな苦みと哀愁があります。被害者となった少女の境遇や戦後復興期の山谷の様相などがきめ細やかに描写され、初読の私としてはかえって新鮮で心打たれるものがあり…

続きを読む

5年前の今日のことでした。

前のエントリが暗い話になってしまったので、気分を変えるために…。 今朝方、フェイスブックの「思い出」を見たら、5年前のまさに今日がエディタソン「甲州事編 百科涼覧」の当日でした。あのときは前日から甲府市に行き、それとは気づかずに「謝恩碑」を兼学していました。 そして当日、私たちのチーム(メジャーリーガー級執筆者2名様+おまけの子約1名)が書いたのが[[謝恩碑 (甲府市)]]です。リー…

続きを読む

新幹線でお見舞い。

今日は朝7時過ぎに家を出て、先ほど帰宅しました。身内の病気見舞いのため、新幹線に乗ったのです。新幹線に乗れば駅からは近いので、(お見舞いという気の重い用件でしたが)さほど疲れませんでした。(最近ブログを含めて低浮上だったのは、ほぼこの件が関わっています。でも行かないと絶対後悔する…)むしろ、この前(距離は遥かに近いはずの)外房に行ったときの方がずっと大変でした。 一つ困ったのは、帰宅時の夕…

続きを読む

式守伊之助氏から「悲惨な戦い」まで。

帰宅が遅くなったため、大相撲のリアタイ視聴(普段テレビは見ないけど大相撲は時々見ます)ができなかったので、Googleのトレンドを覗いたら「式守伊之助」氏が上がってきていました。「まわし待った」をかけるタイミングが悪くて、若元春関が金星をゲットし損ねたようで;; そこでウィキペディアの当代伊之助氏の記述を見ると…(-""-;) その後ウィキサーフwで、不浄負け→「悲惨な戦い」(なぎら健壱氏…

続きを読む

トレンド入り

おはようございます。連休の中日は天気が不安定で、晴れたり降ったり止んだりの繰り返しです。 閑話休題、先ほど久しぶりにTwitterのタイムラインを覗いたら「井上和彦さん」がトレンド入りしていました。(声優の方の井上さんで、ジャーナリストの井上さんではないです;;) 井上氏は大好きな声優さんだったので、(懐かしいな)とほのぼのした思いでいろいろな感想を読みました。(ただし、私の声優さん…

続きを読む