記事執筆を再開。

書き方を忘れる前に、草稿だけでもと思って昨日から着手しました。資料は質・量ともにかなりあって、取捨選択や切り口、構成などが執筆者の腕の見せ所です。 

(Wikipediaのシステム的に実現不可能っぽいですが)たまに(ある一つの題材について、有名どころの執筆者たちがそれぞれ書き競うことはできないのかな)と考えることがあります。

まあ、万能な執筆者はどこにも存在しないし、得手不得手がそれぞれあっても補い合うことで百科事典の充実に繋げることは可能かと思います。では、記事執筆に戻ります(まだ半分位しか書けてないw)。 

"記事執筆を再開。"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]