唯一無二。

おはようございます。今日は昨日と違って天気が悪く、バスの車窓から見上げる空は鉛色です。これからの天気も気がかりです。

記事のネタがないので、久々に執筆記事の反省会でも。

[[アダム・ライナー]]


歴史上ただ一人、[[小人症]]と[[巨人症]]の双方に該当したお方です。英語版をサーフしていて見つけ、某区図書館から刊行年が古めのギネスブックを何冊か取り寄せて参考文献に使いましたそしたらギネスブックの記述に誤りがあるのを見つけましたが;;

数年経過している割には編集回数が少なめですが、1つだけ。初版で「まま兄弟」(まま(継)母とかまま子から類推すればおおよそ意味がわかるかと思います)と記述したのを、どうやらtypoの類いと判断されてしまったようで「また兄弟」に修正(と言っていいのか?)したお方が(間違えてた訳じゃないんだけどね(;^_^A)なんかめんどいし、意味不明になったわけでもないのでそのままにしてますが。

では、まずは仕事に行ってきます。





"唯一無二。"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]