第13回ウィキペディア街道「大山道」(2017.9.10)

DSC_0402.JPG王子神社の本殿。いい天気です。



[ここに地図が表示されます]





9月10日に、第13回を迎えた「ウィキペディア街道 大山道」に参加してきました。当日は上天気、陽射しは夏が戻ってきたような眩さでしたが、空の色や雲の流れに秋の訪れを強く感じます。8時30分少し前に家を出て、私鉄とJRを乗り継いで目的地に向かいました。

場所は東急田園都市線の長津田駅改札前、午前10時集合です。長津田は(JRでも東急でも)通過したことしかなかったので、初訪問となります。早く着きすぎてしまったので駅周辺を少し歩いてみました。空は広く、まだ発展途上という感じの街並みです。ついでにポケモンGOを起動していたので、退屈はしなかったです。(念のため…イベント開催中はポケモンどころではありませんでした。起動してたらタマゴの孵化にかかる距離を結構稼げたかもしれませんがw)


ちょうどいい具合に時間が経過したので、駅改札前に戻りました。今回の参加者は私を含めて7人、全員知り合いです。初参加の方が1名いらしてましたが、その方は他地域でのウィキペディアタウンに参加経験があったそうです。(甲府のエディタソンにも観覧者?として参加なさってたので、その縁で知り合いになりました)

今回のタイムテーブルは、現地調査(王子神社と大林寺)、お昼の後電車であざみ野に移動、山内図書館で文献調査、アートフォーラムあざみ野に移動して執筆作業、17:00までに会場撤収、その後有志で懇親会となっています。


DSC_0399.JPG王子神社への入り口。緑豊かです。

まずは王子神社に向かいました。緑の多い美しい境内のお社で、門前に立つモミの木は横浜市の保護樹木です。王子神社というと、東京人の私は北区にある同名神社を思い出してしまいます。(しばらく行ってないな…あそこには都の天然記念物のイチョウが生育しているはず)旧長津田村の鎮守で、16世紀後半から17世紀前半あたりに当地に勧請されたようです。神社の前には「元宮司小林明美刀自命顕彰碑」という立派な黒御影石の石碑がありました。碑の文面によれば、一時期無住だったこの神社で宮司を務めて精勤された方で、若くして不慮の死を遂げられたようです。(平成12年1月に亡くなられています)

神社の裏手は小高い丘のような森林で、その名も「王子の森」と呼ばれています。丘の頂上に「千本松」という見事なマツ(アカマツかクロマツかは不明です)があったそうですが、残念ながらかなり昔に枯死しています(名木の話となるとどうしても木に…もとい、気になります)。


DSC_0404.JPG大林寺の山門です。

次は大林寺へ。敷地面積がかなり広いお寺で、道路を挟んで向かいには「山水閣」という葬祭場も存在しています。(随分立派なお寺なのに、何で記事がないのかな?)と不思議に思いましたが、同様の感想を抱いた方が複数いました。(もっとも記事があったとしても、1日に何件-ときには十何件も出典なし、もしくは1つか2つで濫造されたような記事ではそっちのほうがはるかに始末が悪いと思いますが)

大林寺はこの地を幕末まで長きにわたって支配した岡野氏(先に訪れた王子神社も岡野氏とゆかりが深いのです)の菩提寺で、歴代墓所があります(横浜市の文化財です)。そして、墓地には(プリンセスではない)引田天功氏(初代)のお墓も。(ご出身がこの近くのようですね)そして…蚊の大歓迎も受けました。(今回は足首を2か所やられました;;)

お昼時が近づいたので、早めにサイゼリヤに入りました。(甲府のことと千住でのことが一瞬頭をよぎりました)幸いすぐに入れましたが、オーダーしたメニューによって時間差が。(それでも混みあう前で大正解でした)



[ここに地図が表示されます]




お昼を食べた後は、長津田から田園都市線であざみ野駅に移動しました(去年の第7回ウィキペディア街道以来なので、約1年2か月ぶりです)。駅から坂を少し上ったところにある山内図書館(前回も利用しました)で文献をまず探しました。かなり探しましたが、余りめぼしいものは見当たらず…。で、あらかじめ用意してくださっていた出典に頼ることになりました。(前回も思いましたが、横浜市の貸出上限が「1人6冊」というのは少なすぎます。といって、北陸地方某市民図書館のように「1人50冊(!)」というのも;;)

執筆会場となるアートフォーラムあざみ野(男女共同参画センター横浜北)は、図書館からわりと近くにあります(ここも2回目の利用となります)。ウィキペディア編集の完全な初心者は今回もいなかったため(R氏も不在だったし)ガイダンスは省略して「王子神社」チームと「大林寺」チームに分かれて執筆作業を開始しました。(私は希望者の少なかった方のチームに入りました。どちらだったかは敢えて書きません)

午後5時には会場を完全撤収しなければならなかったので、集中して執筆に取り組みました。おかげさまで2記事とも出典・画像の完備した一人前の記事に仕上がりました。(実は、これを書いている最中も資料をメッセンジャーで送ってもらって多少加筆中だったりします)

大林寺 (横浜市)

王子神社 (横浜市緑区)

打ち上げは去年も利用したあざみ野駅前の「アジアン小皿酒家 茉莉 (ジャスミン)」です。午後6時までに入店すると、小皿料理がオール300円というリーズナブルなわりに美味しいお店です。(揚げピーナッツ、焼きビーフンなどみんなでシェアしていろいろ頂きました)



第13回のウィキペディア街道「大山道」は、新規記事2編を完成させて無事に終わることができました。参加された皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

次回は年内におそらくもう1回、来年も開催予定があるようです。可能な限り参加したいと思っていますので、またよろしくお願いします。


DSC_0410.JPG長津田下宿(だったと思う)にあった常夜燈。大切にされていたのか、かなり良い状態に見えます。

"第13回ウィキペディア街道「大山道」(2017.9.10)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]