七夕の物語

今日は七夕ですが、この天気では少なくとも私の街からは年1度の逢瀬を見ることはかないませんでした。七夕といえば、小学生のときに読んだ児童文学(タイトル・作者失念)で次のような話がありました。 主人公の少年少女は、天の川で牽牛と織女を渡す役目のカササギたちが怪我をしてしまったことを知ります。2人に同情した主人公たちはカササギたちを救おうと奔走します。しかし、七夕の直前にわかったのは「怪我が治る…

続きを読む

『松竹歌劇団50周年記念写真集 レビューとともに半世紀-松竹歌劇団50年のあゆみ 』

薄幸の歌姫、高輪芳子嬢の関連で借りた資料です。1978年発行の寸法が大きく重たい本で、図書館から文字通り担いで帰ってきました。これで記述がなければ骨折り損の何とやら、というところでしたが、幸いにして2か所言及を見つけました\(^o^)/ 松竹歌劇団については、漠然と知っていました。この本には貴重な舞台写真がふんだんに掲載されていて、そこから公演の内容を想像してみる楽しみもあります。1930…

続きを読む

「大和古寺風物誌」

[[東大寺不空(ry]]←スマホでは変換できひん;;の中で、亀井勝一郎氏の感想についてもともとの出典を見つけました。名著「大和古寺風物誌」でこの像を讃えた部分です。 執筆のときはいわば「孫引き」で書いていたため、(確かに何かで読んだはず…)ともやもやしていましたが、これで解決できました。この本は、かつて父が中学生くらいの私に勧めてくれた本でもありました。 読みながら遠い大和の地と遥か…

続きを読む

「世界の終わりに柴犬と」1巻が届きました。

用事を済ませて帰宅したら、ポストに投函されていました。夕飯を食べてから、さっそく読みました。 …やはり面白いです。時折挟まれるサービスカットの「ハルさん」コスプレ(DJやら赤ずきんちゃんやら、「ご主人」のコスプレカットと対になっているのも実にいい♪)が可愛いです。 特筆すべきは、巻末の描き下ろし「10年後の君と」…これが泣ける話です。かつて(雑種だけど)犬を飼っていた私には思い当たる…

続きを読む

「世界の終わりに柴犬と」をぽちっとなw

たまたま楽◎のトップページを見て、「お買い物マラソン」開催中であることに気づきました。楽◎カードを所持しているので、5と0のつく日(5,10,15…今月は1日少ないけど)はポイントが多くもらえるので、何か複数買おうと思いました。 まず1つ目が、仕事場で飲むドリップコーヒー(個別包装のもの)です。150袋で税込み4000円弱の販売店(味は3種、値段の割に旨い)を買いました。(さて次は…)と暫…

続きを読む

「英国バレエの世界」が(やっと)届きました♪

昨年の8月に予約を入れた首記の本を、今日ようやく借りることができました(長かった;;) イギリスのバーミンガム・ロイヤル・バレエ団で活躍した山本康介氏の著書です。 ざっと目を通してみたら、一つ非常に惜しいことが。昨年秋に私が記事を書いた[[チェックメイト (バレエ)]]に関するまとまった記述があったことです。(知っていれば無理にでも手に入れたのに) 内容はかなり充実しているから、今後…

続きを読む

苦節5か月?

いくら何でもそろそろ順番が回ってくるはず、と思って某区図書館ウェブサイトにアクセスしたら、「英国バレエの世界」の方が貸出順位1位になっていました。昨年8月下旬に予約を入れて、やっとここまでたどり着きました(^^) なかなか順番が来ないから(大して高くないし、いっそ自腹でry)と何度も密林でポチりそうになりましたがw 後は前の方が返却してくれて、予約確保の通知が来るのを待つことになります。そ…

続きを読む

朝の続きです。

仕事場への道すがら、ブックポストに「バレエ大図鑑」を入れました。幸いにして、ポストに引っかかるようなこともなく、無事に返せました。 昼休みに、貸出状況を(ネットで)確認したら、返却手続きも済んでいたため、再度予約です。…今度は「貸出順位2位」となりました。最初借りたときは確か「25人」待ちで、今回は「8人」待ちだったので、この本に限っては上手く貸借手続きが循環し始めた模様です。 そし…

続きを読む

さらば、また逢う日まで その2

おはようございます。東京は今朝も寒く、(ry 閑話休題、過日借りた「バレエ大図鑑」(普通に買うと5桁…)の貸出期限が週末に迫りました。まだ肝心の記事に着手できてないし、読み込めない部分もあるのですが、今回も思い切って返すことにしました。(少しだけ期限が余りますが) 執筆中の記事(notバレエ)が思いの外長引き、追加で資料が必要になったために貸出冊数を調整する必要に迫られたためでもあり…

続きを読む

「世界の終わりに柴犬と」

おはようございます。昨日は久しぶりのジム疲れ(?)でブログも書かずに早く寝てしまいました(22時頃)。 案の定というか、日付が変わった時分に目が覚めました。その後なかなか眠れなくなったので、Facebookを彷徨っていたら表題の漫画を見つけました。 崩壊後の世界を旅する少女と柴犬の物語です。絵柄が結構好みで、柴犬の「ハルさん」が実に可愛いです。(無料分を読んでみた限りでは)他の人間は…

続きを読む