朝の続きです。

仕事場への道すがら、ブックポストに「バレエ大図鑑」を入れました。幸いにして、ポストに引っかかるようなこともなく、無事に返せました。 昼休みに、貸出状況を(ネットで)確認したら、返却手続きも済んでいたため、再度予約です。…今度は「貸出順位2位」となりました。最初借りたときは確か「25人」待ちで、今回は「8人」待ちだったので、この本に限っては上手く貸借手続きが循環し始めた模様です。 そし…

続きを読む

さらば、また逢う日まで その2

おはようございます。東京は今朝も寒く、(ry 閑話休題、過日借りた「バレエ大図鑑」(普通に買うと5桁…)の貸出期限が週末に迫りました。まだ肝心の記事に着手できてないし、読み込めない部分もあるのですが、今回も思い切って返すことにしました。(少しだけ期限が余りますが) 執筆中の記事(notバレエ)が思いの外長引き、追加で資料が必要になったために貸出冊数を調整する必要に迫られたためでもあり…

続きを読む

「世界の終わりに柴犬と」

おはようございます。昨日は久しぶりのジム疲れ(?)でブログも書かずに早く寝てしまいました(22時頃)。 案の定というか、日付が変わった時分に目が覚めました。その後なかなか眠れなくなったので、Facebookを彷徨っていたら表題の漫画を見つけました。 崩壊後の世界を旅する少女と柴犬の物語です。絵柄が結構好みで、柴犬の「ハルさん」が実に可愛いです。(無料分を読んでみた限りでは)他の人間は…

続きを読む

緊急事態宣言

おはようございます。東京はいくらか夜明けが早くなりました。 今回の緊急事態宣言について、思うことはいろいろあります。前回と違って、マスクは足りているしトイレットペーパーもまだ買い置きがあるし、そういう点ではいくらか気が楽です。 個人的に気になるのは、図書館の開館についてです。前回の緊急事態宣言のときには、某区図書館が突然(としか思えなかった)休館してしまったために予約を入れていた資料…

続きを読む

やっと再会できる。

おはようございます。夜明けの遅い東京は、まだ薄暗いです。 閑話休題、過日1度借りて、また返した「バレエ大図鑑」の予約順番がやっと回ってきました(^^) 再度の予約を入れたのが10月半ばだったから、3か月弱ということになります。某区図書館様が蔵書数を増やしてくださったので、前回ほど待たずにすみました。 あともう1冊、山本康介氏の「英国バレエの世界」が残っていますが、これは上位に3人いる…

続きを読む

トラウマ本 その4

おはようございます。11月は今日で終わり、今年も残り少なくなりました。 (ブログのネタがないので)久しぶりにトラウマ本の話です。ただし、資料が絶無に近いため、タイトルも著者も不明なものです。 大まかなストーリーは、悪魔の子が修行のために人間界(現代の日本)にやってきます。ただし、その修行というのが「子供たちの魂を集めること」…。神様は悪魔の子の所業を見逃さず、エンゼルくんを人間界に派…

続きを読む

もうじき貸出期限。

おはようございます。東京は今朝は雲が多く、夜明けが遅くなって肌寒いです🐧。 過日図書館から借りた資料が、今週中に続々と期限を迎えます。一度延長しているので再度の延長は不可能です。執筆が漸く軌道に乗ったところなので心残りですが…期限は守らねば。(一部の資料については文庫にて入手が可能だし電子書籍もあります) この悩みは何度目かな、と思いつつ、まずは仕事に行ってきます。

続きを読む

アキシマクジラ物語

「エスクリクティウス・アキシマエンシス」…つい最近まで知りませんでした。これは60年ほど前に、昭島市を流れる多摩川の河原で見つかった「アキシマクジラ」の学名だそうです。ただし、新種と認められたのは2年半ほど前のことでした。 発見者は、当時4歳の息子さんと一緒に化石を探していた小学校の先生です。巨大な骨を見つけ、いろいろ調査した結果は第三紀鮮新世にいたクジラの骨で、しかも骨格の揃っている日本…

続きを読む

武部本一郎画伯

おはようございます。東京は今朝も曇り空、何だか薄暗いです。 昨日また密林を彷徨っていたら、武部本一郎画伯の画集のページにたどり着きました。今でも人気の高い方の画集だけあって、お値段は堂々の5桁(!)です。そこからさらにリンクをたどっていってわかったのが、昨日書いたトラウマ本「生きている首」の表紙絵などはどうもこの方の作だったようです。 武部氏といえは「かわいそうなぞう」「ガラスのうさ…

続きを読む

トラウマ本その3(閲覧注意)

今までの2冊は、児童文学( )だったので、確か小学校の図書室で読んだものでした。今回紹介するのは、一般向けの小説でしかも相当有名です。 本の題名は「八甲田山死の彷徨」…Wikipedia文学として取り上げられることが多いあの事件を扱った新田次郎先生の名作です。この本は、父の書棚にあったものを見つけて読みました。当時はあの事件のことなど知らなかったのですが、背筋が寒くなるのを堪えつつしっかり…

続きを読む