ただいま熱筆中(?)

イベントから帰宅後、かなりまとまった時間が取れたので熱筆中です(そんな言葉あるのかw) 今回は(私としては)珍しい分野に関わる方の伝記の予定です。(かなり前に一度書いた分野ですが) 本日がどんなイベントだったかは、諸事情により当分伏せておきます。まあ、結果として記事を書く気力がチャージされたから結果オーライとゆーことで(^^)b

続きを読む

急遽「acer君」をメンテする。

帰宅後に、4代目ノート(acer君)をメンテ(兼充電)することになりました。数日前、このブログにあるイベントの話を書きましたが、その関連で出かけることになっています。 何しろacer君を最後に使用したのは3月の東久留米…。あのときは(前日にメンテを兼ねて試運転したにも関わらず)「Windows10更新の呪い」にもろにかかってしまい、えらい目に遭いました(TT)←しかも私以外の複数の方々も、…

続きを読む

ウィキペディアタウン in 松戸(2019.7.28)

ウィキペディアタウン in 松戸 peatix ウィキペディアタウン松戸 超省略版レポート [ここに地図が表示されます] 松戸駅前です。 7月28日、首記イベントに参加しました。 千葉県に行くのは確か3年ぶり、常磐線に乗るのは(金町より先は)初めての経験となります。何度か書いた事情により今回は4代目acer君を持参せず…

続きを読む

ウィキペディアタウン松戸 超省略版レポート

時間に余裕を持って出たはずなのに、しっかり会場を間違えました。(幸いにして、正しい会場が近くにありましたが) 本日の講師はR氏、午前中はガイダンスとレクチャー、お昼を兼ねた街あるき、そしてウィキペディア編集説明と記事の作成・編集です。私は宝光院のグループを受け持って、テーブルファシリテーター役を務めました。 今回は可能な限り裏方に回り、テンプレート、カテゴリなどの整理と既存記事からの…

続きを読む

久々に東に向かいます。

改めまして、おはようございます。昨夜は地震で目が覚めてしまい、かなりの寝不足です;;それでもちゃんと起床して、現在は某私鉄線に乗車しています。 ここ数年「夢と魔法の王国」に行ってないため、千葉県には約3年ぶりの訪問となります行きたいと希望しても相方になぜか却下されます(-_-#)。本日の目的は、松戸市で初開催となるウィキペディアタウン参加です。(パソコンのレンタルがあるので、それをお借りす…

続きを読む

Wikipediaブンガク「松本清張」(2019.4.21)

アメリカ山公園に咲いていたモッコウバラです。 [ここに地図が表示されます] お詫びとお断り:直近のブログエントリにてちょっと書いたとおり、操作を誤って途中まで書けたものを電子の彼方に吹っ飛ばしてしまいました。そのためにいろいろと残念なことになっていますが、平にご容赦願います。なお、登場する方々は基本的にウィキペディアアカウント名でのイニシャル表記にしました。 4…

続きを読む

Wikipediaブンガク超省略版レポート

電車を乗り継いで、まずは神奈川近代文学館へ。電車のダイヤがみだれていたが、私は幸い影響なし。 元町・中華街駅からアメリカ山公園経由で文学館まで歩く。起伏の多い道のりで、天気がよい分には退屈しない。外人墓地の側を通った際に、ここに眠る[[エリアナ・パブロワ]]さんのことを思って暫し心の中で黙祷。 本日は午前が文学館で松本清張展の観覧、午後に県立図書館に移動してウィキペディア編集作業。バ…

続きを読む

これから横浜まで出かけます。

おはようございます。本日は第3回を迎えた「ウィキペディアブンガク」参加のため、すでに自宅を出ています。幸いなことに天気もよく、かえって暑さの心配をしなければならないほどです。 これから私鉄とJRを乗り継いで、一時間半弱で現地に着く予定です。今回はどシリアスな題材を担当する予定です。制限時間内にレクチャーなどを含めながらどこまで書くことができるのか…いわゆるひとつのチャレンジどす。 イ…

続きを読む

お花見もくもく会:Wikipedia ART Edit-a-thon(2019.4.7)

播磨坂。ちょうど桜祭りの開催中でした。 [ここに地図が表示されます] お花見もくもく会:Wikipedia ART Edit-a-thon  Baexong Artsによるイベント紹介ページ 4月7日、標記イベントに参加しました。 開始が正午ということで、10時半頃自宅を出ました。私鉄とメトロを乗り継いで約1時間、(駅間の乗り継ぎで階段の上り下りに時間を取…

続きを読む

「お花見もくもく会」超省略版レポート。

10時半頃家を出て、私鉄とメトロを乗り継いで茗荷谷へ。ここは花見の名所播磨坂に近いので、桜を愛でつつ会場を目指す。 「もくもく会」ということで、参加者は結構出入りがある。数名知り合いが参加していたので、気は楽。 伝説的なお方(jawp草創期から活躍していたあの方です)がお見えになったり、某国大使館のお方が見学?にお越しになったり。 ある事情により、時間との闘いを強いられていたの…

続きを読む