嬉しさと寂しさが半々( ;∀;)

ダメもとで昨日、新国立劇場バレエ団の こどものためのバレエ劇場2020「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季の庭~ のチケット予約にトライしました。予約できたのは、7月25日(土)19:00開演分で、主役の浦島太郎は渡邉兄君、亀の姫は木村優里さんです。余勢を駆って、翌日のマチネ(井澤弟君と米沢唯さん)も予約しようとしたら…ソールド・アウト(T_T) コロナがなければ2公演鑑賞できたのにと悔しく思…

続きを読む

フェスタサマーミューザ2020 一部公演が中止…。

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2020  有料映像配信+有観客による開催決定・日程発表! なかなか前売りが開始にならないので、公式サイトを見に行ったら、洗足学園音楽大学とかわさきジュニアオーケストラが公演中止になっていました(*_*) 今年も観に行く予定を立てていて、休暇をやりくりしていたのに(ナンテコッタイ) 今年は新国立の夏休み公演(楽しみにしていたのに前売り分がキャン…

続きを読む

一瞬喜んだのもつかの間…。

【重要】世界初演・新作バレエ公演『竜宮 りゅうぐう』公演実施について 新国立劇場バレエ団から、夏休み企画実施の発表がありました。一瞬喜びましたが…コロナ対策のために購入済みのチケットは全部が全部キャンセル扱い、席数を約半分に減らして再発売の運びとなり…orz チケットぴあの「クローク」にチケット(相当分の代金)を預けたままなので、おそらく返金扱いです。…楽しみにしてたけど、再発売のと…

続きを読む

チケット1枚予約。

先日ちょっと書い、牧の夏休み企画のことです。昼休みにウェブから予約を済ませ、明日か明後日に払い込む予定です♪ 後、気になるのはサマーミューザ…発売延期のお知らせがあってからかなり経つのに、まだ決まらないのだろーか…。(昨年まで5年連続鑑賞)

続きを読む

牧バレエ団、「サマー・バレエコンサート 2020」を開催。

ふと思い立って、久しぶりに牧のウェブサイトにアクセスしました。そうしたらトップページに標記公演開催のお知らせが。 サマー・バレエコンサート 2020 幾つか興味深い演目が含まれています。(一部分のみとはいえ、「ラ・バヤデール」や幻の日本バレエ「角兵衛獅子」を上演とは。 暑い時期なのが難点ではありますが、仕事の都合をつけて何とか観に行けないものかと思います。(これを逃すと…

続きを読む

バレエ界も復活に向けて始動。

おはようございます。ジム通いを再開したら洗濯物の貯まるペースが速くなったので、洗濯機を3回回してからパソコンに向かっています。 先ほど、Facebookのタイムラインに新国立劇場バレエ団からの告知が流れてきました。 【重要】2020/2021シーズンバレエ開幕公演 演目変更のお知らせ 「白鳥」の新制作ではなく「ドン・キ」ですね。この前渡邉兄君のバジルを観られなかったから、嬉…

続きを読む

バレエを踊る人の呼称

おはようございます。東京は朝から暑く、今日も真夏日になりそうです。 朝方目が覚めてしまったので、タブレットを使ってウィキペディア日本語版の『おまかせ表示』をさ迷っていたところ、20世紀を代表する偉大なダンサー、ミハイル・バリシニコフ氏主演の映画『ホワイトナイツ/白夜』にたどり着きました。(この映画、冒頭の『若者と死』を見るだけでも十分な価値があると思います)一つ気になったのが、ストーリー説…

続きを読む

牧阿佐美バレヱ団「ロメオとジュリエット」オンライン鑑賞教室を開催。

残念ながらコロナの影響で中止となった牧の6月公演「ロメオとジュリエット」、のオンライン鑑賞教室を開催予定です。 「ロメオとジュリエット」オンライン鑑賞教室 zoomを使用ということで、一方通行ではない展開が楽しめそうです。実際に、ダンサーへの質問コーナーもあるようです。…この日が仕事でなければ絶対参加するのですが( 一一) 清瀧千晴さんや菊地研さんに質問してみたかったですただしと…

続きを読む

久しぶりに「鑑賞予定」を更新しました。

おはようございます。昨日はzoomミーティング終了後すぐに寝たものの、妙に覚醒してしまって3時ころまで眠ることができませんでした(3時間以上参加していたとは…時刻表示を見て驚きました) 閑話休題、本日は久しぶりに「鑑賞予定」コンテンツを更新しました、新国立劇場バレエ団の夏休み企画2回、牧阿佐美バレエ団のグランド・バレエ「眠れる森の美女」1回です。実は、新国立の方はかなり前にチケットを確保し…

続きを読む

ミハイロフスキー・バレエ『ラ・バヤデール』録画を見る

かなり遅くなりましたが、おはようございます。先ほどまで、BSプレミアムが過日放送してくれた『ラ・バヤデール』の録画を見ておりました。 著名な振付家、ナチョ・ドゥアト氏が旧作の良さを生かしつつ改訂したもので、ヒロイン・ニキヤ(神殿の舞姫=バヤデール)を「あの」アンジェリーナ・ヴォロンツォーワさんが踊り演じています。(「あの」の意味が分からない人は、ググってみてください) 意識して彼女の…

続きを読む