「秀逸な記事」

おはようございます。日曜日は外にも出ず、何度目になるかわからん記事の加筆と推敲に充てています。(かなり形になってきたかもしれません) 閑話休題、Wikipediaには「秀逸な記事(FA)」という一群の記事が存在します。高品質と認められた記事揃いで、本日(2020年6月7日)の時点で、その数はわずかに91本です。 執筆者の端くれとして、身の程知らずかとは思いますが、(いずれは秀逸な記事…

続きを読む

ショボいorz

おはようございます。東京は晴れ、初夏らしく陽射しのある朝です。 朝方ウォッチリスト所謂ウィキペディアン以外にはわからない言葉かもしれませんが;;を確認したら、[[マッシモ・ムッル]](多分ほとんどの方は知らないと思うので補足すると、イタリアのバレエダンサーです)さんに実に9年ぶり(!)の加筆がありました。 それ自体は感謝すべきことですが、初版執筆者の誰かさん(-_-;)のせいで、実に…

続きを読む

zoomミーティング無事終了。

たった今、終わりました。20時開始で3時間強…つ、疲れた(でも面白かったです(^^)) スマホからの参加(ビデオ機能はオフ、音声のみ)だったため、資料やURLなどの共有ができなかったのは残念です。でも、スマホの画面越しに、皆さまの元気そうなお顔(と声)を確認できたのは何よりでした。 今後も開催されるそうなので、可能な限り(ROM専に近くなりそうですが)参加できたら、と思います。 …

続きを読む

zoomアプリをインストールしたのはいいんだけど。

かなり遅くなりましたが、おはようございます。午前中はウォーキングを兼ねて隣町に買い物に出かけていました。某デリカにて大好物の「かにみそサラダ」を見つけて購入し、お昼に2人で食べて大満足です( ^^) 閑話休題、本日はいよいよzoomアプリなるものを使ったミーティングの日です。インストールこそ至極簡単だったものの、いざアプリを開いてみると…。「サインイン」と『サインアップ」が同じ画面に並ん…

続きを読む

本日(2020年5月29日)のWikipedia日本語版メインページ(人○いライオン注意)

おはようございます。東京は久しぶりにすっきりとした青空が広がる清々しい朝を迎えました。ただし、この天気は長続きしないらしいです。 閑話休題、本日のWikipedia日本語版メインページには、2016年1月に執筆した人○いライオンが掲載されています。(閲覧注意)たまたま英語版を閲覧していて見つけた記事でしたが、(申し訳ないけど)内容も出典も不十分だったために文献を集めて1から書き下ろしたもの…

続きを読む

だからそれはまずいでしょーに(-_-#)

おはようございます。週明けの東京は晴れ、かなり暑くなりそうです。 閑話休題、昨日削除依頼を提出した例の件です。何だかすごいことになっていますが、また問題の記述が足されてしまったので、依頼対象の版を増やす必要が出てしまいました(-_-#) 某管理者様によって保護していただいたため、ひとまず落ち着いたようですが(感謝です)。 この件については帰宅後、改めて依頼文を書き直すことにします。で…

続きを読む

見つけてしまったからやむを得ないです。

おはようございます。本日は日曜日、久しぶりに陽射しのある朝を迎えています。 つい今しがたまで、削除依頼を1件起案していました。詳細については、私の投稿記録を参照していただければよろしいかと思います。(記事対象の方は私なんぞがぐだぐだ言う前に特筆性は明らかですが、今の状態は著作の羅列…) webで見つけた出典を足して加筆したものの、その過程で権利侵害を見つけてしまったわけで( 一一) …

続きを読む

トラックのプリマバレリーナ

今朝に引き続いて、今夜もブログのネタがないため、過去に執筆した記事の紹介です。 [[モーリン・ガードナー]] ガードナーさんはイングランド出身のハードラーで、1948年ロンドンオリンピック女子80メートルハードル走の銀メダリストです。この方は、バレリーナから転身したという異色の経歴を持つアスリートです。(記事に載っている小さめの画像だとよくわからんけど)コモンズで他の写真を見…

続きを読む

目をふさがれた犬、純平

おはようございます。東京はずっと天気が不純で、今日も寒いです。 (ブログのネタがないので)過去記事の紹介を。 [[純平 (犬)]] 栃木県小山市で、両目などが瞬間接着剤でふさがれた状態で保護された仔犬です。あまりにもむごい事態を全国紙が報道し、希望者の中から神楽坂にある救世軍の社会福祉施設に引き取られて、その後は幸せに暮らしたようです。 死亡記事を読んで、仔犬時代のモ…

続きを読む

[[ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ]]先生

おはようございます。東京は昨夜から雨が降り続き、スマホには豪雨予報まで届いています。 閑話休題、先ほど表記記事に妙な書き換えがなされているのを見てrvしました。ルネ先生(男性です)は私などにとっては懐かしいお名前で、かつての夢見る少女時代( )には「マイバースデイ」の連載や単行本など楽しみに読んでいました。 お亡くなりになったのを知ったのは、Wikipediaの編集を始めてかなり経過…

続きを読む