2019年(2020年ではなく)の目標

以前ちょっと書いていますが、(限定公開のTwitterの方で)2019年(つまり昨年)の目標として2018年の暮れに4つ掲げました。 1 バランシン・バレエの記事をせめて1つ書きたい 2 書きかけで放置している可哀想な記事たち{30本くらい抱えてる)を1つでも完成させたい 3 2018年夏から取り組んでいる大物記事を可能なら完成させたい 4 ベジャール・バレエの(ry 昨年はど…

続きを読む

昨日の補遺

おはようございます。三連休明けの朝は空模様がかなり怪しげです。九州の豪雨も気がかりです…。 閑話休題、昨日書き損ねたこと。文献では、寺村先生と宮島先生のものがとりわけ役にたちました。特に宮島先生の数々の著書(フォッサマグナミュージアムまで何回か通って買い求めました)がなければ、ヒスイ再発見にまつわる論争と謎を書くことはできなかったとしみじみ思います。 実際、フォッサマグナミュージアム…

続きを読む

共同執筆の試み第3弾 [[糸魚川のヒスイ]]

記事には出てきませんが、青海川のラベンダー翡翠です。 [[糸魚川のヒスイ&]] ノート N氏との共同執筆第3弾は、上記記事です。約5億2千万年にわたる悠久の歴史を概観するこの記事、サイズも15万バイト越え、そして今回も参考文献の数が素晴らしいことになっております。(もっとも私が書いたのは5億2千万年のうち7000年程度、しかも1200年くらいの空白もあり、ですが) ギリギ…

続きを読む

ナデジダさん、良質な記事に(ありがとうございます)

おはようございます。せっかくの土曜日も天候が不穏で遠出は(コロナの件もあるけど)できないので、溜まりに溜まった洗濯物を洗いつつ3代目ダイナ君からブログを入力しています。 表記のとおり、過日ウィキペディア日本語版に投稿したナデジダ・パヴロワさんの記事が「良質な記事」に認定されました(ありがとうございます) 悲運のバレリーナ、エリアナ・パヴロワさんの「妹」さんで。エリアナさんが遺したバレエスク…

続きを読む

昨日修正した記事

おはようございます。6月最終日は曇り空、今月も23区から一歩も出ないうちに終わりです…。 閑話休題、昨日タブレットPCからブログを入力しようとしてあまりの接続の悪さに断念せざるを得ませんでした。で、今から書いておきます。 画像のアップロードを試みようとして、ライセンスの問題で行き詰まり結局断念しました。(この画像をアップロードできれば、一昨年夏から取り組んでいる記事がほぼ終わるのに(…

続きを読む

怖い記事((( ;゚Д゚)))(閲覧注意)

数日前の真夜中、例によって目が覚めてしまった私はタブレットで日本語版ウィキペディアをさまよっていました。どこからどうやってたどり着いたのか、非常に怖くて悲しい記事を見つけてしまいました。 その記事は[[レディ・ビー・グッド (航空機)]]、第二次世界大戦中にリビアで消息を絶ち、約15年後に機体が砂漠に不時着しているのが発見されました。乗組員たちは不時着前にパラシュートで脱出を果たし、着地に…

続きを読む

(TT)

おはようございます。今日から3連休ではありますが、心は土砂降りの雨模様( ノД`)シクシク… 理由は「鑑賞予定」コンテンツを見ていただければ一目瞭然かと(チケット代は戻ってくるけど、再発売のときにまた購入できる保証はない( 一一)) 9月22日(祝)に富山(懐かしのオーバードホール!)で1公演(奥村君と理沙子さんだ♪)が予定されているので、都合が合えばそのチケットを買うことも考えています。…

続きを読む

参考文献あるある(^^;

おはようございます。東京は雨こそ降っていませんが、日中は暑くなりそうです。 某区図書館から、2冊分の返却期限通知のメールが届いていました。早速ウェブにて延長手続きをしようとしたところ、そのうち1冊に次の方の予約が入っていました(つまり、延長不可)。 待たされる身の辛さは私自身が現在進行形でよくわかっていますから、潔く返すことにして念のため内容を再確認…重要な出典になりうる記述を見つけ…

続きを読む

久しぶりに画像をアップロード。

おはようございます。東京の朝は曇り空、あまり気温も高くないです。 昨日、久しぶりにウィキペディア日本語版の方に画像をアップロードしました。北陸地方某市に行ったときに撮っておいたもので、ずっと3代目ダイナ君の画像フォルダの中で眠っていたものですw どんな画像かは、お手数でも私の投稿履歴からご参照いただければと思います。 関連しそうな記事を探したら、[[ヒスイ製勾玉]]にまだ画像がなかっ…

続きを読む

チェックポイント・チャーリー

1990年の今日(6月22日)は、「チャーリー検問所」(チェックポイント・チャーリー)が役目を終えて撤去された日です。「冷戦」の象徴の1つだったこの検問所付近で、多くの涙が流されました。 「ベルリンの壁」と分断にまつわる悲劇については、私も3つの記事を翻訳しました。 ペーター・フェヒター{18歳)、ギュンター・リトフィン{24歳)、クリス・ギュフロイ(20歳、以上敬称略)です。 …

続きを読む