汚染(-_-メ)

おはようございます。本日は信州方面の旅行出発日、ほとんど支度が済んだので3代目ダイナ君からブログを入力しています。 ここ数日、アフィリエイト広告に「コ××ラ」出品の「あなたのウィキペディアを執筆します」というのが頻繁にっ表示されるようになってしまいました。私もウィキペディア編集者の末席なので、アフィリエイト広告で表示されてくるのはかなり不愉快だけどわからなくもないです。 何とか広告を…

続きを読む

[[万葉翡翠]]、良質な記事に。

首記記事が(多少長引きましたが)良質な記事の選考を通過しました(ありがとうございました)。 これで一つ課題はクリア、次は…新たな記事に取りかかるのと同時に、店晒しにしている記事の執筆を再開しようと思います。ただし、信州利ょ子←何、これ…旅行と父の墓参が済んでからになりますから、執筆開始&再開は今月末になりそうです。 図書館に資料の取り寄せをまた頼まなければ…。(誰かが借りていないこと…

続きを読む

[[羽根田利夫]]氏の記事、日次の新着に♪

おはようございます。雨上がりの東京は朝方涼しかったものの、次第に気温が上昇しています。今朝も暑いです。 表記のとおり、今週月曜日に公開した[[羽根田利夫]]氏の記事が本日のウィキペディア日本語版メインページに掲載されています(ありがとうございます(^^)) 私が羽根田氏のことを知ったのは(以前ブログでちょっと書きましたが)今年6月末でした。たまたまウィキペディア日本語版をさまよってい…

続きを読む

羽根田氏の生年(?_?)

おはようございます。(土曜日が仕事で日曜日はいろいろ慌ただしかったためあまり実感はありませんが)連休明けの出勤日です。 昨日、著名なコメットハンター[[羽根田利夫]]氏の記事を投稿してからすぐに、三代目ノートダイナ君が「熱暴走」を引き起こして落ちてしまいました(-_-#) で、ウィキデータや索引などの整備は後回しにせざるを得なかったのです。タブレットから念のため見たところ、所謂「妖精さん」…

続きを読む

星の彼方に夢を求めて [[羽根田利夫]]氏の記事を立項する。

[[羽根田利夫]] この前から取り組んでいた記事です。羽根田氏については、過日のブログで数回触れました。あの後いろいろ考えた末に(あれはやはり「書いてほしい」ということに違いない)と思って、まずは某区図書館で資料を取り寄せました。( 『私の新彗星発見記』 と『日本の名随筆』です) さらにウェブで検索したところ、週刊読売のノンフィクションは上記2冊よりも詳細に書かれているとことがわかっ…

続きを読む

英語版が必ずしも優れているわけではない。

ブログのネタがないので、朝に続いて記事の反省会でも。 [[ヴァリアシオン (バレエ)]] バレエにおけるソロの踊りを指す用語で、2012年に英語版から翻訳、加筆したものです。元にした英語版が「出典皆無」のシロモノだったので、当時の私で入手可能な日本語文献を使って出典を足し、さらに使えそうなウェブ出典今見たらリンク切れあり;;を探して記事化しました。 先ほど数年ぶりに本家英語版を…

続きを読む

ホピの英雄

おはようございます。東京は今日も晴れていますが、東の空に白い雲がかかっています。雨が降るような雲ではなさそうです。 (ブログのネタがないので)本日も記事の反省会でも。 [[ルイス・テワニマ]] アメリカ合衆国の先住民族、ホピ出身の陸上選手です。1908年ロンドン、1912年ストックホルムと2回のオリンピック出場経験があり、そのうちストックホルムの一万メートルで銀メダルを獲得され…

続きを読む

国会図書館から複写資料が届いていました

おはようございます。ミューザの感動から一夜明け、東京は今朝もひたすら暑いです🌞 昨夜帰宅したら、国会図書館からの茶封筒が届いていました。中身は一峰大二氏の漫画版「ヒョウと兵隊」を含む雑誌の複写でした。 ざっと目を通してみたら、古賀忠道氏の短い解説に続いて漫画本編に入っています。導入は中国戦線からの一時休暇をもらった成岡氏が上野動物園に急ぐ場面から始まります。ハチとの再会を待つ間に、出…

続きを読む

北限のミカン

おはようございます。東京はよく晴れて、非常に暑いです。シャツクールやら冷却シートやらを大量に消費してどうにかしのいでいます。 ブログのネタがないので、記事の反省会でも。 [[上刈ミカン]] 新潟県糸魚川市で栽培される日本北限とされるミカンです。7年前に書いたもので、出典はついているけど参考文献がわずかに一冊orz 今ならもう少し探すこともできそうです。(多分某区図書館で新潟県関…

続きを読む

「小学四年生」

ふと思い立って、また国会図書館オンラインにアクセスしてみました。(ひょっとしたら「小学四年生」のバックナンバーがデジタル化されているかも)と思ったのです。 …ありました。 小学四年生 46(10) 小学館, 1968-01 この号には、一峰大二先生の「ヒョウと兵隊」が掲載されています。読むことができたら、ヒョウのハチの記事にも書き加えたいと思っていましたが、実現できそうです…

続きを読む