[[ROCK BALLET with QUEEN]]を執筆しました。

[[ROCK BALLET with QUEEN]] (紙媒体は少なめですが)出典になり得る資料が十分に集まったので立項しました。出演者は(ピアニストの壺阪健登さんや振付の福田圭吾さんを含めて)現時点でWikipedia日本語版に記事がなくても、全員特筆性が間違いなくありますので。「週刊オンステージ新聞」にも舞台評が載っていたようですが、残念ながら入手できませんでした;; 執筆自体に…

続きを読む

何かが足りない鳥居

あと2時間かそこらですが、本日(2021年9月15日)のWikipedia日本語版メインページには[[奥澤神社]]が掲載されています。最寄駅は奥沢駅ですが、自由が丘の駅からもさほど遠くありません。近代化された街並みの中、小さな森のような木立に囲まれた神社です。 今年の春先に、仕事の関係で前を通りました。この一角だけ周囲と隔絶した感は相変わらずでしたが、(あれ?何だか違和感が??)といぶかし…

続きを読む

カバの京子さん

おはようございます。また飛び石になってしまいましたが、時間があるので朝ブログです。 本日(2021年9月14日)のWikipedia日本語版メインページには、カバの[[京子]]さんが掲載されています。第二次大戦時にあまりにもむごい最期を迎えた上野動物園のカバさんです。 先ほどちょっと関連項目に手を入れました。あれは単に名称(もしくはその一部)が一致するものを羅列する場所ではなく、内容…

続きを読む

[[スザンヌ・ファレル]]さん、本日の「新しい記事」に。

おはようございます。ウィキブレイクが明けても出たり消えたりの為体で申し訳ないですが、私は元気です。週末には新国立劇場のオペラ「スーパーエンジェル」を観に行けることになったので、ちょっと嬉しいです(^^) 閑話休題、本日のWikipedia日本語版メインページに、過日立項した[[スザンヌ・ファレル]]さんが掲載されています。(ありがとうございます(^^))これで[[ジョージ・バランシン]]さ…

続きを読む

[[スザンヌ・ファレル]]さんを立項しました。

[[スザンヌ・ファレル]] 彼女の誕生日に合わせて立項しました。(実際の舞台を鑑賞したわけではありませんが)アメリカ人のバレリーナとしては、おそらく最高峰の1人と評価されるお方ではないかと思います。 美貌と才能、そして高みを目指し続ける気概を持った方で、天才振付家ジョージ・バランシンの「ミューズ」となりました。ただし、バランシンさんは41歳下の彼女に恋い焦がれてストーカーまがいの行為…

続きを読む

いきなり再起動(@_@;)

記事執筆は何回かの中断を挟みながらもすすみ、大枠が固まってきました。(これなら今週中に完成するかも♪)と思っていたら、acer君がいきなり再起動しやがり…しました。 再起動とクリーンアップがなかなか終わらず気を揉みましたが、メモ帳に書きためていた原稿は無事でした…と思いきや、今日書いた分が綺麗に消えてます(@_@;) こういうときは嘆いても仕方がないから、そろそろ寝ますo(__*)Z…

続きを読む

記事執筆を再開。

書き方を忘れる前に、草稿だけでもと思って昨日から着手しました。資料は質・量ともにかなりあって、取捨選択や切り口、構成などが執筆者の腕の見せ所です。  (Wikipediaのシステム的に実現不可能っぽいですが)たまに(ある一つの題材について、有名どころの執筆者たちがそれぞれ書き競うことはできないのかな)と考えることがあります。 まあ、万能な執筆者はどこにも存在しないし、得手不得手がそれ…

続きを読む

[[世界末日與柴犬同行]]

昼休みにたまたまウィキデータのウオッチリストを覗いてみたら、ウィキペディア中文版(という呼び方でいいのか)に[[世界末日與柴犬同行]]が作成されているのに気づきました。 日本語版は4か月ほど前に私が執筆したもので、たぶん最初で最後の漫画記事です。 日本語版と比べてみるのも一興かと思います。(登場人物などの記述はほぼ日本語版と同じような…??)

続きを読む

気晴らしにブログエントリを書いてみる

日付が変わる頃までですが…今日のWikipedia日本語版メインページには[[スージー (チンパンジー)]]が掲載されています。上野動物園を代表する人気者で、芸達者で賢い子でした。1956年には、昭和天皇と握手を交わしたことで大きな話題になりました。 面白いエピソードがいろいろとある子で、記事に書ききれないほどでした。その中から今回紹介するのは、「あの」松島トモ子氏とスージーちゃんが大の仲…

続きを読む

謹告

おはようございます。先ほどウィキペディア利用者ページに書いたとおり、家族の具合が急に悪くなりました。昨夜はほとんど眠れない状態で、たまたま今日休みを取っていたのでかなり救われました。 今すぐどうこう、という訳ではありませんが、しばらくウィキペディアはお休みをいただきます。ブログの方も不定期更新になりそうです。 介護は初めての経験ですが、、何とか頑張っていきます。

続きを読む