牧阿佐美バレヱ団「ロメオとジュリエット」の感想をちょっとだけ。

3幕仕立てですが、休憩は1幕と2幕の間に一回のみ。一部曲が省略され、以前日生劇場で夏休みに上演したヴァージョンに近い感じです。(今回も仮死状態に陥ったジュリエットを見つけるのは乳母でした) 前説と幕前のナレーションを細川ふみえ氏、トークを三枝成彰氏が務めましたが、細川氏(シックなパープルカラーのワンピースで装っていて、意外に華奢な印象でした)はともかく、三枝氏のお話に細かい間違いがあるのが…

続きを読む

牧阿佐美バレエ団「プリンシパル・ガラ2019」(2019年3月17日、文京シビックホール大ホール)

行程で見つけた「歯の供養塔」です。 指揮:デヴィッド・ガルフォース 演奏:東京オーケストラMIRAI 二胡:篠崎正嗣(時の彼方に~ア ビアント~) エレクトーン:清水のりこ(時の彼方に~ア ビアント~) 第1部 『グラン・パ・ド・フィアンセ』 音楽:P.I.チャイコフスキー「白鳥の湖」第3幕から「パ・ド・シス」をJ.カーターが再構成 振付:ジャック・カーター 出演…

続きを読む

牧阿佐美バレヱ団「プリンシパル・ガラ2019」の感想をちょっとだけ。

昨年12月以来となるシビックホール、大ホール近くの吹き抜けには、大河ドラマ「いだてん」登場人物の等身大パネルがずらり。(金栗、三島、嘉納など10人くらいはいたような)「あの方」がこの中に展示されていたかは確かめる術なし。(もし展示されていたら、撤去せざるを得ないだろうな…) 公演は全3部構成で、15分の休憩が2回入りました。第1部が「グラン・パ・ド・フィアンセ」、「ドン・キホーテ」3幕の抜…

続きを読む

新国立劇場バレエ団「ラ・バヤデール」(2019年3月3日、新国立劇場オペラパレス)

客席入口付近にディスプレイされていたコスチューム。ソロルの衣装か、と思ったけどどうも違うようです。 ラ・バヤデール (新国立劇場バレエ団公式サイト) 芸術監督:大原永子 改訂振付・演出:牧阿佐美(原振付:マリウス・プティパ) 音楽:レオン・ミンクス 編曲:ジョン・ランチベリー 装置・衣装:アリステア・リヴィングストン 照明:アリステア・リヴィングストン、磯野睦 指…

続きを読む

新国立劇場バレエ団「ラ・バヤデール」の感想を少しだけ。

あいにくの天気でしたが、新国立劇場に行ってきました。「ラ・バヤデール」は(音楽がある意味ショボいことを除けば)大好きな作品ですが、全幕での上演機会はあまり多くありません。(私も5年ぶり?くらいに観ました) 白眉は「影の王国」、ハープでのアルペジオに続く緩やかな音楽に乗って、影(精霊)たちがアラベスク・パンシェを延々と繰り返しながら坂を降りてくる場面です。(32人のダンサーが登場します) …

続きを読む

日本バレエ協会「白鳥の湖」(2019年2月10日マチネ、東京文化会館大ホール)

[ここに地図が表示されます] 神田明神の「神幸号」(あかりちゃん)です。いずれ白馬になる(というか近づく?)らしいです。 新振付・演出:篠原聖一 振付補佐:下村由理恵 指揮:オレクセイ・バクラン 演奏:ジャパン・バレエ・オーケストラ オデット=オディール:佐々部佳代(元Kバレエカンパニー) ジークフリード王子:井澤駿(新国立劇場バレエ団プリンシパ…

続きを読む

日本バレエ協会「白鳥の湖」(新演出)の感想をちょっとだけ。

先ほど終演し、ただいま上野東京ラインに乗車しています。帰宅後だと億劫になるので、気づいた点を少し。 休憩は1回のみで、1幕と2幕、3幕と4幕がそれぞれ連続で上演です。普通1幕にある王子のメランコリックなソロは省かれ、2時間半ちょっととコンパクトでした。 上演前には岡本佳津子氏(現日本バレエ協会長)と振付の篠原氏のトークがあり、新演出のことなどを話してくれました。 新演出で驚いた…

続きを読む

新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」(2019年1月13日、新国立劇場オペラパレス)

指揮:マーティン・イェーツ 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 レ・シルフィード 音楽:フレデリック・ショパン 振付:ミハイル・フォーキン ノクターン:木村優里、寺田亜沙子、細田千晶、渡邊峻郁 ワルツ;寺田亜沙子 マズルカ:細田千晶 マズルカ:渡邊峻郁 プレリュード:木村優里 パ・ド・ドゥ:木村優里、渡邊峻郁 益田裕子、廣田奈々、飯野萌子、川口藍、玉井る…

続きを読む

「ニューイヤー・バレエ」の感想をちょっとだけ。

「レ・シルフィード」、「火の鳥」、「ペトルーシュカ」というトリプル・ビル、多少バレエの知識がある方なら「バレエ・リュス」を連想するかと思います。「レ・シルフィード」と「ペトルーシュカ」はオーソドックス、「火の鳥」は気鋭の振付家、中村恩恵氏によって思いきった解釈がなされていました。 ダンサーで特によかったのは、「レ・シルフィード」の渡邊兄(「火の鳥」でも黒衣のダンサーとして大活躍)、「火の鳥…

続きを読む

2018年の回顧(バレエ鑑賞編)

「ニューイヤー・バレエ」で新国立劇場オペラパレスのエントランス近くに飾られていた勅使川原茜氏の生け花です。 新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」(2018年1月7日14:00開演分) 新国立劇場バレエ団『ホフマン物語』(2018年2月11日、新国立劇場オペラパレス) 牧阿佐美バレヱ団「ドン・キホーテ」(2018年3月3日、文京シビック大ホール) Ballet Ros…

続きを読む