新国立劇場「ジゼル」感想を少し。

今まで観た「ジゼル」の中でも最上級でした。主役の二人はもちろん、ソリスト、コールドもレベルが高いこと。(祝速水君復活)バチルドさんが成金の令嬢っぽい衣装だったのは…?(妙に派手で浮いていた)

後、終演後に後ろの席のお兄さん二人(バレエ初鑑賞らしい)が「あの山男みたいなの蹴り落とされてなかったか?」などと言ってて笑いをこらえるのが大変でした。(福田さん@ヒラリオンが二幕でウィリー軍団にボコられ…取り殺される場面…)

それから、「また」はた迷惑な「ブラヴォー男」が出現(-_-#) こういう奴こそウィリーに蹴りを入れられてほしいです、ハイ。

ともあれ、来週また別キャストを観に行きます(^^)d

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック