「ノートルダム」の感想を少しだけ。

昨日も観たかったと改めて思いました。とにかく群舞が素晴らしいです。特に1幕の「奇跡小路」、地の底から湧き出てくるようなダンサーたちの踊りがよかったです。

ゲストのお二人はもちろん素晴らしいですが、牧のダンサーさんもよく難しい振付と複雑な音楽をこなしていました。とりわけフロロ役のオトゴンニャムさんが鋭い動きで印象的です。(やはり彼はモダンやコンテでより輝くダンサーさんと思う)

しばらくは(フロロじゃないけど)タンバリンのリズムが心に響き続けそうです(^^) 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック