ただいま上田駅の待合室です。

サントミューゼでの「白鳥の湖」は夢のように美しく哀しい舞台でした。

11時少し前に上田駅に着き、東京とほとんど変わらない気温に安堵しました。(冬コートにしなくてよかったです)まずは四年前に食べて大いに気に入った「なかむらや」さんの馬肉うどんです。やはり美味しいし、頼むとすぐに出てくるので助かります。

その後後は駅のすぐそばにある情報ライブラリーへ行きました。まだ新しい建物で、郷土資料が充実しています。そして「風俗画報」の復刻版が開架で公開されているのが良いと思いました。(上田市なら日帰り可能だからこの近辺でウィキペディアタウン、できないかな…いえ、一人言ですw)

目的地のサントミューゼは駅にわりと近いですが、敷地は広くて気持ちのよい芝生の広場があります。さすがにちょくちょくは無理ですが、うどんと蕎麦を食いに何度でも訪れたい街です。(お土産は小布施の栗鹿の子♪)

バレエの感想は、また日を改めて書きます。

この記事へのコメント