ク◯ックルワイパー

仕事が終わりに近づいた時分、私は戸締まりのために仕事場の建物を巡回していました。コロナ予防のため、あちこちの窓や扉が開放状態となっています。そのままで帰ってしまう人がいて、今度は防犯上の問題が出てくるため最後の見回りと戸締まりは必須です。

腕が肩まで上がらない私にとって、この見回りは難儀なことです。サッシ窓が中途半端に開いていて、手が届かない箇所複数…そのため、ク◯ックルワイパーをマジックアーム代わりに使って届かない場所を閉めることになりました。

(前に京劇か何かでこういう得物を振り回して暴れる悪役がいたような)と思いつつ、何とか見回りは済みました。ああ、肩がだるい…。

この記事へのコメント