牧阿佐美バレヱ団「サマー・バレエコンサート 2020」(2020年8月11日、文京シビックホール大ホール)

第一部

「ゴットシャルクの組曲」より 
音楽:ハーシー・ケイ/ルイス・モロー・ゴットシャルク
振付:牧阿佐美
キャスト:菊地研 ほか

「カルメン」より カルメンの踊り
音楽:ジョルジュ・ビゼー/ロディオン・シチェドリン『カルメン組曲』
振付:牧阿佐美
キャスト:織山万梨子

「コサックの歌」
音楽:ロシア民謡
振付:ニコライ・アンドロソフ
キャスト:濱田雄冴、山本達史

「シェヘラザード」より パ・ド・ドゥ
音楽:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:ミハイル・フォーキン
キャスト:日髙有梨、ラグワスレン・オトゴンニャム

「ラ・バヤデール」幻想の場より
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ
キャスト:中川郁、清瀧千晴
     茂田絵美子、三宅里奈、佐藤かんな

「海賊」よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ
キャスト:青山季可、水井駿介

「トリプティーク(青春三章)」
音楽:芥川也寸志(1953年作曲『弦楽のための三楽章(トリプティーク)』)
振付:牧阿佐美
キャスト:米澤真弓、坂爪智来 ほか

第二部

「角兵衛獅子」第2幕
音楽:山内正
振付:橘秋子
キャスト:姉妹ー阿部裕恵、光永百花 角兵衛獅子の親方-塚田渉、依田俊之 巡礼の女-諸星静子、宮浦久美子 虚無僧-逸見智彦 ほか

3月(ノートルダム)、6月(R&J)とコロナ禍による公演連続キャンセルがあったため、牧の公演は昨年12月の「くるみ」全幕以来です。今回の特別公演は、17時開演で約2時間弱とコンパクトな上演でした。短めの作品を連ねた第一部と、20分の休憩を挟んでバレエ団では40年以上の時を経ての再演「角兵衛獅子」2幕の構成で、中身は変化に富んでいます。

コロナ禍のせいで、客席は半分だけの開放、チケットもぎりは自分自身、プログラム(今回も無料)は手渡しではなく置き場にあるものを各自取るかたちになっていました。

なかなか観ることができない珍しい演目が2つあり、「トリプティーク」は30年ぶり、「角兵衛獅子」は実に42年ぶり(!)とのことです。

特に「角兵衛獅子」は(さらに昔の初演では)姉妹のキャストが「あの」大原永子さんと森下洋子さんだったそうです。

鑑賞して驚いたのが、逸見さんが出演してくださったことです。最後に観たのが数年前の「眠り」でのフロレスタン王役なので、実際に踊ってくださったのを見たのはさらに前のことです。

ラストのカーテンコールで牧阿佐美先生が出てきて、観客へのお礼とこれからの決意を語ってくれました(大変な時期に素晴らしい公演を実行してくださって、こちらこそ感謝です)。


牧阿佐美バレヱ団「サマー・バレエコンサート 2020」


この記事へのコメント