「秀逸な記事」

おはようございます。日曜日は外にも出ず、何度目になるかわからん記事の加筆と推敲に充てています。(かなり形になってきたかもしれません)

閑話休題、Wikipediaには「秀逸な記事(FA)」という一群の記事が存在します。高品質と認められた記事揃いで、本日(2020年6月7日)の時点で、その数はわずかに91本です。

執筆者の端くれとして、身の程知らずかとは思いますが、(いずれは秀逸な記事を書きたい)という想いは以前からあります。ことに例の集まりがあった2015年の12月以降はその想いがさらに強くなりました。(あのときには、「あのお方」やN氏やら、FAを複数書いている執筆者が同席していて何度思い返しても凄すぎるメンバーでした)

昨日だったか、Wikipedia:秀逸な記事の選考に2件追加されていました。選考が賑わうこと自体は良い傾向かと思えますが、提出者が今月に入ってからアカウントを取得した方というのは…(*_*) ただし、提出の条件は満たしていますから、その点では突っ込めませんが。

この記事へのコメント