[[ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ]]先生

おはようございます。東京は昨夜から雨が降り続き、スマホには豪雨予報まで届いています。

閑話休題、先ほど表記記事に妙な書き換えがなされているのを見てrvしました。ルネ先生(男性です)は私などにとっては懐かしいお名前で、かつての夢見る少女時代( )には「マイバースデイ」の連載や単行本など楽しみに読んでいました。

お亡くなりになったのを知ったのは、Wikipediaの編集を始めてかなり経過してからです。西洋占星術の存在をさらに広めた方として間違いなく特筆性はあるものの、今の記事の状態は…。(一時期妙なアカウントが記事を乗っ取り、完全な別内容に書き替えてしまっていました。これ、記事の履歴から確認していただいた方がわかりやすいかと思います)

では、バスを降りる時間が近づいてきたので、本日はこれまで。

この記事へのコメント