ダンスのドゥーゼ

今日は急に暖かくなったこと以外には、特段書き留めるようなこともなかったので、過去記事の振り返りと反省を。(スマホからのため、リンクができないのでご容赦ください)

[[ノラ・ケイ]]

ロシアにルーツを持つ、アメリカ合衆国の偉大なバレリーナです。映画監督としても振付師としても名高かった[[ハーバート・ロス]]氏の夫人で、彼女自身も映画プロデュースを手がけています。

テクニック、音楽性は言うまでもなく、劇的な表現力で高く評価された方で、伝説の名女優[[サラ・ベルナール]]と並んで高名な名女優[[エレオノーラ・ドゥーゼ]]になぞらえて「ダンスのドゥーゼ」と称賛されました。サラ・ベルナールは知っていましたが、エレオノーラ・ドゥーゼはケイ氏の記事を翻訳するまで知りませんでした;; ちなみに、最近のダンサーさんでは[[アレッサンドラ・フェリ]]氏もそう呼ばれているそうです。

今読み返すと出典が僅かにウェブ一つ、外部リンク二つのみ(ダメダメじゃん(;^_^A)翻訳当時の英語版も似たようなものでしたが、あちらは出典も記述もこの10年ほどの間に多少増えています。

翻訳当時はコモンズにさえ彼女の画像がありませんでしたが、今はコモンズに十数枚アップされています。ただし、似たような画像が多いのと、あの怖いバレエ作品(何しろ殺人をテーマにしている)[[フォールリヴァー伝説]]からの画像のために血飛沫まみれの衣装だったり凶器の斧を構えていたり…((( ;゚Д゚)))。それでも画像があるのはとてもありがたいことです。(ケイ氏の記事だけでなく、フォールリヴァーの記事にも使えます)

画像の他にインフォボックス、舞台芸術へのポータルリンクを足して紙出典で加筆すれば、まだまだ改善の余地はありそうです。

この記事へのコメント