[[ぶん公]]、英語版に登場♪

おはようございます。本日は早くも旅行最終日、荷造りはほぼ終わったので、スマホからブログを入力しています。

閑話休題、朝方(というより深夜)目が覚めてしまったのでウィキペディア日本語版をスマホにてさ迷っておりました。どこをどういう経路でたどり着いたのか、小樽の消防犬[[ぶん公]]が画面に出てきました。

かなり驚いたのは、いつの間にか英語版の記事ができていたことです。早速行ってみると、ぶん公を扱った作品以外はほぼ全部訳されていました。英語版のリンクを確認すると、どうやらエディンバラ大学のウィキペディア翻訳ワークショップで対象記事に選ばれたということのようです。(このワークショップでは、どうやらいろいろな言語版の記事を英訳しているようで、他に日本語版から[[岳物語]]も対象になっていました)

執筆者の私としては、とても嬉しい(と同時に多少面映ゆい)ことでした。

では、最後の荷造りにかかります。お昼少し前に東京へ帰ります。

この記事へのコメント