犬の星

おはようございます。今朝の東京は、曇り空でやや薄暗いです。

朝から愚痴るのも何ですので、過去記事の紹介でも。

[[チロ (犬)]]

白河天体観測所という私設天文台で「天文台長」を務めた北海道犬です。彼女(女の子でした)については、飼い主である[[藤井旭]]氏(天体写真家、著述家として特筆性大)がその生涯とエピソードを何冊かの著作にまとめています。

チロちゃんが遥かな星空に旅立った後も、さまざまな形でエピソードが生まれ、続いていきました。(特に彫刻家の「宇宙先生」や「チロ望遠鏡」の話などは感動的でした)私もチロちゃんと「星仲間」たちの話に深く感銘を受けて2016年の秋に一編の記事を書き上げました。…飼い主の藤井旭氏の記事よりずっと長くなってしまいました。

たまたまTwitterか何かで「犬のチロの方が遥かに長いのは何なのだ」などという意見を複数見てしまいましたが、私もそう思います(;^_^A (人間様の伝記よりお犬様などの伝記(?)を書く方が得意かもしれないと自分でも思います;;藤井氏の記事は「著作リスト」の傾向がありますから、「チロ シリーズ」などから経歴などの部分を(出典つきで)書き足すこともできそうです。

では、まずは仕事に行ってきます。

この記事へのコメント