祝!渡邊兄君プリンシパル昇格\(^o^)/

DSC_1092.JPGこの夏に鑑賞した「白鳥」のカーテンコール。何が何だかわからんけど、この中に渡邊兄君が。



昼休み、暇つぶしにスマホでTwitterのタイムラインを見ていたら、表記のニュースが目に入ってびっくり(おめでとうございます)。


新国立劇場バレエ団ダンサー・渡邊峻郁がプリンシパルに昇格


彼の主演舞台は、「しらゆき姫」、「白鳥の湖」、そして「不思議の国のアリス」など数回観ました。井澤弟君の華やかさや福岡君の男っぽさとはまた違う優しげで爽やかなイケメン君で、大いに目の保養をさせていただいてます。(今回の「R&J」も観に行くかギリギリ前迷ったけど、やはり行くべきだったと今さらながら後悔)


「R&J」千秋楽の終演後、ですが。(できればバックステージではなく、カーテンコール時だったらさらに盛り上がったかも)確かパリ・オペラ座バレエ団はお客さんのいる前でエトワール昇格を発表していたような記憶が。(私が記事を書いた中だと、エレオノーラ・アバニャートさんがそうだったと思う)

新国立の「くるみ」ナガミヒナゲシみたいな花のワルツの衣装は気に入らんけど観に行こうかな…。

この記事へのコメント