旅行最終日 信濃大町であれやこれや。

[ここに地図が表示されます]


ただいまあずさ号の車内、松本あたりです。宿泊先を出るのが早めだったので、信濃大町駅近辺でかなり時間が余りました。

まずは駅前からさほど遠くない「塩の道ちょうじや」(旧 塩の道博物館)へ。建物は国の有形文化財で、かつての塩の道の往来と繁栄の名残を感じさせます。間口のわりに奥行きの深い建物で、隣には「流鏑馬会館」も存在します。

撮影自由ということで、建物内の写真を何枚か撮りました。隣の流鏑馬会館はこの地方で行われる子供流鏑馬の装束などを展示していて、町ごとにそれぞれ趣向を凝らしているのが興味深いです。ただし、ガラスの反射が災いして写真を撮るのは断念しました。

館内には売店兼軽食コーナーがあって、そこで限定10食の「ブルーベリーミルクかき氷」🍧をいただきました。地元松田牛乳のミルクと新鮮なブルーベリーをかき氷にして、さらにミルクジャムとブルーベリーソースをあしらった逸品です(^^)

駅前で軽くお昼をいただき、それでも時間が余りました。そこで前から行ってみたかった若一王子神社(にゃくいちおうじと読むらしい)に行くことにしました。信濃大町駅からは約2キロ程度ですが、何しろ雨が降ったり止んだりの不順な天気です。半分も歩かないうちに相方がぶつくさ言い始めたので、私単独で行ってきました。

道のりは分かりやすく、わりと平坦です。深く豊かな木々に守られた神社の境内でお参りを済ませ、建物を拝見していたら突然雷混じりの豪雨が(@_@) さすがにそれ以上の滞在は断念です。

駅前に戻って相方と合流し、さらに2時間近く待ってあずさ号に乗りました。今春のリニューアルで、座席に充電器が装備されていたのが実にありがたかったです。…などと書いている間に、列車は岡谷を過ぎて上諏訪駅あたりです。

帰宅後、何か書き損ねたことがあったらまたブログを書くかもしれません。とりあえず、今回の旅で撮影した画像を何枚かパソコンに送ることにします。

この記事へのコメント