旅行第2日 黒部ダムへ

疲れていたようでしっかり早寝してしまいました(;^_^A 旅行第2日は黒部ダムを見学に行きました(今回で確か4度目の訪問です)。

大町温泉郷からバスで扇沢駅に向かうと、今年からトロリーバスに代わって導入された電気バス乗り場は結構な混雑です。チケットを買って並んでいたら、乗車前のアナウンス…かと思いきや、「弁当、買いませんか?」という思わぬフェイントが。(笑いが起こり、乗り場の雰囲気が一気に和らぎました)後で調べてみたら、「黒部のきみまろ」やら「スーパー平社員」やらの異名を持つ「中里さん」という有名なお方でした。

電気バスは静かで快適な乗り心地で、車内の映像も気が利いています。バスを降りると、黒部ダムに出るには200段以上の階段を登って展望室に行くコースがあります。ただでさえ高度のせいで心肺に負担がかかる上に、相方が平地と同じスピードでずんずん行ってしまうため、根を上げてしまって踊り場で小休止。心臓バクバク、妙な感じですが内臓が体の下に全部ずれて飛び出しそうな感覚でした。

展望室では観光放水の様子がよく見えます。たまたま高いところから放水がある時期だったので、豪快な水流に大きな虹がかかってそれは美しい見ものでした。

堰堤を散策すると、さらに放水の近くまで行くことが可能です。霧となって立ち上る水飛沫が爽快で、眺めも雄大さを増します。高所恐怖症気味な私はあまり長くは見られませんが;;

堰堤をさらに黒部湖駅まで歩き、ひんやり涼しい構内で自販機のラインナップを見るとお馴染みの「南アルプス天然水」ではなく「大山の天然水」になっていました。(そうか、ここは長野県ではなく富山県だからそうなるのか)と納得です。

扇沢駅まで引き返し、ここで名物の「ダムカレー」を食べました。(黒部ダムでも食べられるけど、扇沢駅のレストハウスの方が広くて座りやすいです)前に食べたときより、美味しくなっています。

大町温泉郷へ戻るバスの時間調整で、売店を覗いてみたら…「中里さんのキャラクターグッズ」がありました(^^)

いろいろな発見と楽しみがあったダム見学、天気もよくて何よりでした。

この記事へのコメント