星の彼方に夢を求めて [[羽根田利夫]]氏の記事を立項する。

[[羽根田利夫]]

この前から取り組んでいた記事です。羽根田氏については、過日のブログで数回触れました。あの後いろいろ考えた末に(あれはやはり「書いてほしい」ということに違いない)と思って、まずは某区図書館で資料を取り寄せました。( 『私の新彗星発見記』 と『日本の名随筆』です)

さらにウェブで検索したところ、週刊読売のノンフィクションは上記2冊よりも詳細に書かれているとことがわかってきたので、他の関連資料とともに遠隔複写を依頼しました。(そして実際に「使える」資料でした)

残念なのは、南相馬市でも羽根田氏に関する出版物を頒布していたのに、「ソールドアウト」になっていたことです。

ともあれ、ちょっと不思議で感動的な羽根田氏の生涯、私なんぞがどこまで書ききることができたかはわかりませんが、今は達成感でいっぱいです。

この記事へのコメント