熊谷・行田を巡る。

[ここに地図が表示されます]



昨夜は9時頃帰宅して、入浴後すぐに寝てしまいましたf(^_^; 楽しい時間だったので、ざっと内容を書き留めておきます。

参加者は合計で7名、N氏ご夫妻とT氏、N氏の奥様の知り合いの方と某ウィキペディアタウン繋がりで大学生2名、そして私です。午前10時に熊谷駅に集合し、レンタカーにて数ヵ所を巡りました。

熊谷駅では、時ならぬ汽笛にびっくり。秩父鉄道の運行する蒸気機関車でした。煙は見えども姿は見えず…。写真を撮りたかったです。



DSC_1053.JPG重厚なお姿です。


最初の目的地は、「平戸の大仏」(源宗寺)です。保存事業に関わる特別公開で、けして広くはない境内にはかなりの人が集まっていました。本堂には2体の仏像がやや窮屈そうに鎮座しています。今回は写真自由、希望すれば手などに触ってもよいとのことでした。(ウィキペディア日本語版にはN氏による素晴らしい記事があります)

お昼の後は「のぼうの城」で知られる忍城、十万石まんじゅう本店(お土産の購入)の後に大学生2名と行田駅にて別れ、最後は妻沼聖天山まで行きました。国宝の本殿を飾る素晴らしい彫刻の数々など、見応えがありました。ちょっと面白かったのは、境内に鳩が全くいない理由です。この付近は「ノスリ」(猛禽類の一種)のテリトリーのため、鳩が近寄らないようです。

打ち上げの後は、熊谷駅から直通電車で帰宅の途につきました。実に楽しい1日でした。

この記事へのコメント