右手の怪我、その後。(痛い話注意)

おはようございます。東京は曇り空で、これから天気はどんどん下り坂になりそうです。

先日大金庫の扉に思いっきり挟んでしまった右手親指の件です。指の腹はターンオーバーが終わって皮が剥け変わり、赤みが取れました。問題は爪の方で、4分の3くらいが内出血でどす黒くなったままです。後は軽く痺れたような感覚が残っていますが、パソコンやスマホの操作に支障があるほどではなし、秋頃には完全に回復しそうです。

結局何の治療もせずに済んでしまいましたが…英語の諺で Time is a great healer. スペルが合っているかは自信がないwというとおり、時間が癒してくれたようです。

では、仕事に行ってきます。

この記事へのコメント