[[日本の黒い霧]]を改めて読み込む。

漸く[[日本の黒い霧]]上下巻が手元に揃ったので、その他の資料を参照しつつ読み込んでいます。特に下巻に収録された半藤一利氏による解説がそれほど長くない割には充実していて、出典としてかなり使えそうです。

ただし、刊行年が2冊とも「2004年」のため、問題となった伊藤律氏に関する注釈は収録されていません。(2013年刊行分から掲載されているようですが、図書館での取り寄せでは何年発行のものが届くかわからんのでこれは致し方ないかと;;)ウェブで有用な記事を見つけたからそれを出典補強に使おうと思っています。

…平成最後の執筆記事が「これ」になるとは夢にも思いませんでした(ついでに、恥ずかしながらWikipediaブンガク実施当日まで未読でした(;^_^A) 「乗りかかった船」とゆーことで、資料の期限が切れる前にはもう少しマシな状態にして再度投稿しようと考えています(^^)d

あ、そうだ。あと30分足らずとなりましたが、平成最後の「選り抜き記事」に小樽の名犬[[ぶん公]]が掲載されています。T氏のご尽力によって生前の写真が加わって私なんぞが書いたとは思えない立派な記事に育ちました(ありがとうございました。)

この記事へのコメント