谷根千から湯島へ。

DSC_0820.JPG「とくじろう」の「とくじろうデラックス」というメニューです。



[ここに地図が表示されます]



思い切って起床した後、相方と一緒に所謂「谷根千」あたりを歩いてきました。自宅から私鉄、メトロと乗り継ぎ、今回は根津駅にて下車。最初の目的はすっかり有名店となった「スパイスカレーとくじろう」さんにてカレーを食べることです。

お店は根津と千駄木の中間あたりにあり、不忍通りから少し路地を入ったところにあります。11時15分の開店とほぼ同時に行き、1番乗りで座れました。店主さんは元寿司職人という経歴のお方で、カレー店で修業を重ねて独自の味わいを持つこのカレーを作り上げたそうです。(実際、今まで食べ歩いたカレー店の中でも上位に入る味です)







ロケットニュースになかなか良い記事があったのでリンクしておきます。


元寿司職人が作る「薬膳カレー」を食べたらカレーの概念が変わったでござる / 千駄木『とくじろう』



スパイスの効果なのか、気持ちよく汗をかいたので、腹ごなしの散歩を兼ねて谷中の町並みを歩くことにしました。この付近には大小のお寺が集まっています。付近に「玉林寺のシイ」という東京都の天然記念物があるのを知っていたので、そのお寺を探しました。ただし、お寺と天然記念物の説明掲示板はすぐに見つかりましたが、肝心の木が見当たりません。(あとで調べたところ、境内の奥に生育しているためすぐに立ち入れる場所ではなく、お寺の許可がいるらしいです)

その代わりに、素晴らしくも懐かしいものを見つけました。


DSC_0822.JPGあの大横綱、千代の富士関の像。凛々しくも風格のあるお姿です。

(立派で素晴らしい像だけど、なぜここに?)と思ったら、訃報を伝えた日経のネット記事を読み返して理由が何となく分かりました。

「横綱の横綱」「郷土の英雄」 千代の富士死去 悼む声相次ぐ 2016/8/1 13:14

…幼くして亡くなった娘さんがこのお寺に眠っていたのですね(合掌)

ちなみに、玉林寺は特筆性大ありと思われますが、未だにウィキペディア日本語版の記事は書かれていないようです(マテ)

参考までに「猫の足あと」による玉林寺の紹介をリンクしておきます。もし「谷根千ペディア(?)」が実現したら、執筆候補になり得る寺院かと思います。

望湖山玉林寺 台東区谷中にある曹洞宗寺院

最後は湯島天神へ。ちょうど神輿渡御の時間に当たってしまい大混雑…梅を愛でるどころではなく、早めに帰りました。

この記事へのコメント