チェコ・スワン

先ほどまで、珍しくテレビを見ていました。見ていたのはEテレの「ドキュランド」。

「チェコ・スワン」は以前東京都写真美術館で公開されたそうですが、そのときは約52分、放映版は45分ということで多少カットがあったようです。チェコのホルニー・ルホタ(どのあたりなんだろう…?)で民族舞踊のダンスチームを組んでいる陽気でパワフルなおば様たちが、新たな個性を求めてバレエに挑戦するドキュメンタリーで、おば様たちを指導するのはマルケタ・ポスピシロヴァ(?)日本語転写がこれでよいかは全く自信がない…さんという若く美しいバレエダンサーさんです。

おば様たちの明るさに笑みを誘われつつ、あっという間に見終わりました。

マルケタさんはこのドキュメンタリーの後、モンテカルロ・バレエ団(日本にも度々来日しています)に移籍したようです。あそこなら長身のダンサーが多いから、相手役に困ることも少なくなりそうですね。

この記事へのコメント