牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』(2018年12月16日、文京シビックホール大ホール)

指揮:デヴィッド・ガルフォース
演奏:東京オーケストラMIRAI
合唱:なかの児童合唱団

主なキャスト

金平糖の精:太田朱音
王子:山本達史
雪の女王:中川郁
クララ:亀井瑠奈

第1幕
シュタールバウム氏:保坂アントン慶
シュタールバウム夫人:宮浦久美子
フリッツ:高橋博経
ドロッセルマイヤー:ラグワスレン・オトゴンニャム
その甥:丸山周
コロンビーヌ:米澤真弓
ハレーキン:坂爪智来
ヴィヴァンディエール:竹村しほり
おもちゃの兵隊:橋本哲至
ネズミの王さま:塚田渉

第2幕
スパニッシュ:尾形結実、岡本麻由、久保茉莉恵、石田亮一、山際諒、細谷森
アラブ:佐藤かんな、塚田渉
チャイナ:織山万梨子、渡會慶
トレパック:松田耕平、鈴木真央、元吉優哉
棒キャンディ:米澤真弓、上中穂香、阿部裕恵
花のワルツソリスト:日髙有梨、高橋万由梨、光永百花、今村のぞみ、坂爪智来、清瀧千晴、濱田雄冴、田村幸弘

その他:雪の精、ケーキボンボン、小さなコックたちなど


牧阿佐美バレヱ団 2018年12月公演「くるみ割り人形」P.V
 


今年もバレエ納めは牧の「くるみ」です。今回は飯田橋から歩くコースではなく、水道橋からシビックホールを目指しました。距離はそれほど遠くないはずですが、何かドームでイベントがあったらしく意外に人が多かったです。

今年は久々に王子様デビューが2人(石田亮一さんと山本達史さん)いました。両方とも観たかったけど、土曜日はしっかりお仕事だったので断念です。(検索してみたら、石田さんの評判がいいんだよな…。あ、山本さんが悪かったということではないです。踊れる方なので堪能させていただきました。そして今年は菊地研さんのドロッセルマイヤーも観られなかった( 一一))

印象に残ったのは、金平糖の精を踊った太田さん。それほど大柄ではないのに腕がわりと長いようで、表情豊かなポール・ド・ブラ(バレエにおける腕の動きですわな)が美しかったです。


牧阿佐美バレヱ団 2018年12月公演「くるみ割り人形」太田朱音インタビュー Movie

牧阿佐美バレヱ団 2018年12月公演「くるみ割り人形」山本達史インタビュー Movie


あ、そうだ。本日(2018年12月28日)のウィキペディア日本語版メインページには、私が数年前に執筆したプリエ(バレエにおける基本中の基本)が載っています。次の掲載は多分1年半くらい先になるかと思います。(どんどん間が開いていきますが、GAは毎月のように増えていますからこれはやむを得ないことですね)








この記事へのコメント