本日の散策(布田~国領、世田谷文学館)

DSC_0583.JPG布田のシロハナヤブツバキ。花の時期には早かったけど、つぼみがたくさんついていたので開花時にはさぞ見事ではないかと。


[ここに地図が表示されます]



今日は新幹線のチケットを買いに行くついでに、普段あまり行かない場所に行ってみました。一人での外出だったので、時間も行程も自分で決められますから。

最初は世田谷文学館のみ訪問しようと思っていましたが、京王線に乗り換えた時点で「布田のシロハナヤブツバキ」を見に行くことに決めました。布田の駅からまっすぐに歩いていくと、500メートルほどで「椿地蔵前」という交差点があって、そのすぐそばに樹高ほどさほどでもないけど樹冠が結構大きいこの木が生育しています。残念ながらフェンスがぐるりと囲んでいる上に信号機などの柱が撮影の邪魔になってしまい、妙な写真になってしまいました。通りの反対側から撮影も試みたものの、交通量が多いので車が映り込んでしまうので断念です。…花が咲くころ、もう一度来ることにします。

その後、布田駅に一度戻って旧甲州街道沿いを歩きました。三多摩ということで、新選組ゆかりの史跡(天然理心流道場跡)を発見。近藤勇の剣の道は、ここに始まるともいわれています。(ちなみに、原田忠司はWikipedia日本語版に記事未立項のようです)

歩いているうちに、いつの間にか国領駅近くに来ていました。ついでに調布市立図書館国領分館へ。1階が保育園、2階が図書館という複合施設です。郷土資料と舞台芸術関連の書棚を見てから再度京王線に乗り、芦花公園前駅で下車しました。



DSC_0591.JPG世田谷文学館です。


駅前でランチでも、と思っていましたが、よさそうなところが見当たらずそのまま文学館へ。折から「筒井康隆展」開催中です。会場に入ると、敢えて迷路っぽくしたのかと思われる複雑な展示です。膨大な作品群(中にはあの「断筆」の大段幕まで展示されています)に圧倒されつつ会場の端までたどり着くと、筒井氏出演の舞台映像が公開されていますが、約2時間半に及ぶ長大なもののためチラ見です(;^_^A

会期が残り少ないので再見は難しそうですが;;また見たいです。ついでに、昼飯を食い損ねたままでの帰宅になりました。



DSC_0588.JPG旧甲州街道沿いで見かけた気になる看板。残念ながら平日のみ営業っぽいです…。

この記事へのコメント