第11回 野毛古墳まつり

DSC_0567.JPG緑の小山のように見える野毛大塚古墳。造営当時は「葺石」で覆われていたようです。



[ここに地図が表示されます]




(世田谷区ウェブサイトの古墳まつり情報をリンクしようとしたら、早くも公開が終了していました。妙なところで仕事が早い…)



朝から上天気だったので、相方と連れ立って表記イベントに行ってきました。会場になった野毛大塚古墳は、帆立貝式古墳として日本でも有数の存在と言われています。広大な野毛公園には、古墳以外に野球場、テニスコートなどがあって区民の憩いの場になっています。


世田谷区による野毛大塚古墳の説明10月21日の時点で妙な衍字があるのがご愛嬌(^-^;



イベントとしては、世田谷区の学芸員さんによる野毛古墳群の解説(私たちは行けなかったけど、午後は野毛大塚古墳→等々力渓谷横穴古墳→御岳山古墳→狐塚古墳の散策があった模様)、ステージではあの「まりこふん」氏のパフォーマンスも。


「まりこふん」氏で検索したらこういうページが(知らなかった;;)


私にとってのメインは、何といっても古墳群解説。実際に古墳の頂上に登って説明を聞くことができました。この古墳は、1897年(明治30年)に発掘されていますが、実際は「盗掘」だったようでこういう因果応報話が伝わっています。(これは学芸員さんの説明にはなかったけど)

ステージにはまりこふん氏の他に等々力のゆるキャラ「とどロッキー」と東急電鉄のゆるキャラ「のるるんウィキペディアに記事があったのか…も登場しました。ちょっと残念だったのは、野毛大塚古墳の弟墳(?)的存在の狐塚古墳に由来する「尾山オッポン」が招かれていなかったことです。

時間の都合で午前中のみの参加でしたが、楽しいイベントでした(^^)


DSC_0565.JPG別角度から。野毛大塚古墳の前方部と造出部が確認できます。

この記事へのコメント