回復の兆し(病気ネタ入り注意)

本日は朝のうちに整形外科に通い、その足で国立新美術館に行ってきました。

あのごついサポーターを着用し始めてから、右手側の痛みはやや軽減しました。ドクターも「物理的な刺激を少なくすれば回復に向かう」とおっしゃるので、これはよい兆しです。

国立新美術館では、昨年に引き続き「自由美術展」を鑑賞しました。(相方の友人が出品しているのです)…会場がやたら広く、出品件数も多くてかなり疲れました;;

その後お昼を東京駅近くの「ハゲ天」で食べました。普段なら「飯テロ」行為に及ぶところですが、疲れを引きずっていたのでそれどころではありませんでした(TT)←しっかり完食したけど。

そして、月末のために新幹線のチケットを購入して帰宅しましたが、何故にあそこまで体調が悪かったのか今でも解りません。

この記事へのコメント