フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2018 洗足学園音楽大学 華麗なるバレエ~音の魔術師ラヴェル~(ミューザ川崎、2018年7月27日)

指揮:秋山和慶
バレエ:谷桃子バレエ団、牧阿佐美バレヱ団、東京シティ・バレエ団、洗足学園音楽大学バレエコース学生
管弦楽:洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団

マ・メール・ロワ:谷桃子バレエ団&同団クラス(振付:日原永美子)
第1場 紡車の踊りと情景(Danse du rouet et scène)
第2場 眠れる森の美女のパヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)
第3場 美女と野獣の対話(Les entretiens de la belle et de la bête)
第4場 親指小僧(Petit Poucet)
第5場 パゴダの女王レドロネット(Laideronette, impératrice des pagodes)
終曲 妖精の園(Le jardin féerique)

ボレロ:牧阿佐美バレヱ団&同団クラス(振付:牧阿佐美)

休憩20分

ラ・ヴァルス:東京シティ・バレエ団&グローバルクラス(振付:安達悦子)

ダフニスとクロエ第2組曲:東京シティ・バレエ団&グローバルクラス(振付:安達悦子)


DSC_0265_HORIZON.JPG


仕事が立て込んでいたので1日休暇は取れなかったものの、時間休暇を取って川崎まで出かけました。夕飯はラゾーナ川崎の中にある「Bistro309」で軽めに。バターチキンカレーのプレートです(美味しかった)。





フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2018


今年のサマーミューザ(洗足学園音楽大学バレエコース)は、フランスの作曲家、モーリス・ラヴェルのバレエ音楽を取り上げています。マエストロ秋山の練達の指揮に洗足学園ニューフィルの皆さんが良く応えていて、「ボレロ」、「ラ・ヴァルス」はなかなか聴かせてくれました。

ただし…今年も幕開けの「マ・メール・ロワ」でしっかり寝てました::あの曲には催眠作用があるようで、私とある意味相性が悪いようです。それから「ボレロ」、あの曲を聞くと私の脳裏ではシルヴィ・ギエムが赤い円卓の上で踊る場面が自動再生されてしまいます;;(ベジャール振付がそれだけ優れているということかもしれない)

この記事へのコメント