未完の大作

おはようございます。東京は昨夜からの雨が降り続いていて、バスの車窓は雨粒で曇っています。3時頃は音を立てて激しく降っていたので、目が覚めてしまいました(TT)

閑話休題、昨日の話になりますが、Twitterのタイムラインで田中芳樹氏の大作「アルスラーン戦記」完結という話題を見かけました。私も確か「汗血行路」あたりまで読んだ覚えがあるのですが、次の巻がなかなか出なかったのでいつの間にか;; いずれまた「大人買い」でもして一気に読もうと思います。

未完の大作といえば、半村良氏の「太陽の世界」、栗本薫氏の「グイン・サーガ」が思い浮かびます。他の方が書き継いでいる後者に対して、前者は…。骨太な世界観と巧みに巡らされた伏線、多くの謎を残したまま未完になってしまったのがつくづく惜しい作品です…。

では、仕事に行ってきます。

この記事へのコメント