Ballet Rose in Love Stories(バラで綴るバレエの恋の物語)2018年3月26日、新宿文化センター大ホール

久々のタカノフルーツパーラーにて。苺のワッフル♪DSC_0078_HORIZON.JPG





演出・振付 伊藤範子(谷桃子バレエ団 シニアプリンシパル・コレオグラファー)
主催・企画・制作 チャコット

第1部
プロローグ「パリの街角」1950年代、パリの街角
花売り娘 中島耀
登場カップル1 織山万梨子、キム・セジョン
登場カップル2 永橋あゆみ、三木雄馬
登場カップル3 池田理沙子、井澤駿 / 阿部碧、小山憲
登場カップル4 佐々部佳代、清水健太
登場カップル5 小野絢子、福岡雄大

1.出会い(ローズピンクのバラ)
「眠れる森の美女」第2幕より幻影の場のパ・ド・ドゥ
オーロラ姫 織山万梨子(牧阿佐美バレヱ団)
デジレ王子 キム・セジョン(東京シティ・バレエ団)

2.熱愛(紅色のバラ)
「ロミオとジュリエット」よりバルコニーのパ・ド・ドゥ
ジュリエット 永橋あゆみ(谷桃子バレエ団プリンシパル)
ロミオ 三木雄馬(谷桃子バレエ団プリンシパル)

3.誘惑(深紅のバラ)
「白鳥の湖」第3幕より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
オディール 池田理沙子(新国立劇場バレエ団ソリスト)
ジークフリート王子 井澤駿(新国立劇場バレエ団プリンシパル)
オデット 阿部碧(井上バレエ団)

休憩

第2部
4.別れ(白いバラ)
「ジゼル」第2幕よりパ・ド・ドゥ
ジゼル 佐々部佳代(元Kバレエ、現:松岡伶子バレエ団)
アルブレヒト 清水健太(ロサンゼルス・バレエ ゲストプリシパル)

5.結婚(赤いバラ)
「ドン・キホーテ」第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
キトリ 小野絢子(新国立劇場バレエ団プリンシパル)
バジル 福岡雄大(新国立劇場バレエ団プリンシパル)

フィナーレ(ヨハン・シュトラウス「南国のバラ」)

バレエ鑑賞普及啓発を目的とした公演で、昨年と一昨年に開催された『バレエ・プリンセス』に続く第2弾です。『バレエ・プリンセス』はなかなか良かったので、今回も大いに期待して会場入りしました。そして、期待を上回る出来に満足しました。

広い意味でのガラ公演なのでしょうが、単なる作品の羅列ではなく、一貫したテーマのもとにのストーリー性を持たせるという意欲的な試みです。

プロローグはパリの街角。誰もが良く知っているシャンソンの名曲(ただし、メロディーは知っているけど題名が思い出せない曲複数…orz できればプログラムに曲名を載せていただきたかったぞ)に乗せて、バラを売る花売り娘とカップルたちの短いストーリーが繰り広げられます。そのストーリーはバラの花色とともに、さまざまな恋愛の形を暗示し、同時にバレエ作品の有名なシーンをも想起させます。(踊りの前には、紗幕に短い映像が映し出されました。綺麗でした、あれも)

ダンサーでよかったのは、やはり新国立組(ファンだから、というわけではない)。4人とも旬のスターの輝きがありました。とりわけ、過日芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した福岡さん。余裕の片手リフトやら「540」(ですよね、あれ)やら満載の華麗なる踊り、堪能させていただきました。

あと、「花売り娘」を踊った中島さん、安定したイタリアン・フェッテなど相当上手い方で、今後要注目かも。

これも1公演のみではもったいないので、是非再演を…。

Ballet Rose in Love Stories(バラで綴るバレエの恋の物語)

この記事へのコメント