「フジタの白鳥」…時空を超えて。

帰宅後にたまたま読売の夕刊を読んでいたら、東京シティバレエ団の記事を見つけました。読んでみると、3月の公演『白鳥の湖』は伝説的な成功を収めた1946年の日本初演時に使用された藤田嗣治画伯の背景画を復元し、しかも指揮が大野和士氏…。もっと早く知っていたら、3月4日公演のチケットを買っていたのに。3日と6日のゲストは、私の苦手なダンサーなのでパスせざるを得ない;;

ちなみに、Wikipediaの東京バレエ団 (第1期)島田廣松尾明美などの記事に『白鳥』日本初演の件についての記述があります。

行けないまでもせめてもう少し情報をと思って検索したら、東京新聞などの記事が出てきました。これ、是非読んでいただきたいのでリンクしておきます。

よみがえる幻「フジタの白鳥」 終戦翌年初演 藤田嗣治のバレエ美術

この記事へのコメント