続 バランシンと日本のバレエ団

おはようございます。東京は薄曇りの朝で、陽射しは弱いですが穏やかな天気です。

今朝も夢見が悪かったので、この前の続きでも書いて気分転換を。

(以前書いたかもしれませんが)私の観た日本のバレエ団で最高のバランシン・バレエは、松山バレエ団の「アレグロ・ブリランテ」でした。(相当前のことになりますが)森下洋子さんが難しいムーヴメントを軽やかにこなし、観ていて実に快い…。共演の若いダンサーさんたちも頑張っていたけど、森下さんに比べると…。あれは未だに記憶の中に鮮やかです。

「アレグロ・ブリランテ」以外にも松山バレエ団はバランシンをレパートリーに持っていたはずだけど、最近上演があったかな…?

では、今日も仕事に行ってきます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック