マリア・アレクサンドロワさん、ボリショイを退団?

昼の電話当番を担当したので、ただいま代わりの昼休み休憩中です。

先ほど、Twitterのタイムラインに「マリア・アレクサンドロワさんがボリショイを退団」というニュースが流れていました。今年の来日公演の予定メンバーに入っていなかったので、(あれれ?)と思っていましたが…。

長身でキリッとした美人、「颯爽」という形容が似合いそうなお方でした。何回か舞台を観たけど、ガラよりも全幕のグランド・バレエに向いているな、と強く思いました。

特に絶品だったのが、ボリショイの舞台では「ラ・バヤデール」のガムザッティと「ファラオの娘」のアスピシア姫でした。牧バレエ団に急遽客演した「ノートルダム・ド・パリ」のエスメラルダも良かったです。(「ノートルダム・ド・パリ」ではカーテンコールのときに、共演のダンサーさんたちと満面の笑顔でハイタッチを交わしていて観ているこちらも思わず笑みが。「ファンや批評家だけではなく、共演者にも非常に評判がよい」と何かに書かれていたのもむべなるかな、と思った次第です)

ずっと観ていたので寂しい知らせではありますが…素晴らしい舞台の数々をありがとうございました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック