本日(2016年9月18日)のWikipediaメインページ♪

私が1年半ほど前に執筆した[[高橋峯吉]]が、メインページに掲載されています♪

恩賜上野動物園に飼育係として50年以上勤務され、その生涯はまさに上野動物園の歴史とともに歩んでこられた方です。高橋氏は、関東大震災や第2次世界大戦時の戦時猛獣処分…苦難の多い時期を乗り越えてこられました。

私がこの方を執筆しようと思ったのは、著書「動物たちと五十年」を密林で入手できたことに始まります。(50年以上前に出版された本で、出版当時の定価が確か280円?だったのが私が購入したときには5000円近くになっていました)氏の温厚篤実な人柄が偲ばれるような読みやすい文体で、上野動物園にかかわるさまざまな興味深い事柄が記されていました。(キリンなどの初来園にかかわるエピソードは、後に[[ファンジとグレー]]という記事の資料に使わせてもらいました)

歴史の表舞台で華々しく活躍したお方ではありませんが、上野動物園の歴史を語る上で欠かせない重要人物のお一人です。バイト数こそ少なめの記事かと思いますが、執筆できてよかったと思った記事の一つです。

余談ですが、この方のお名前をGoogleやYahoo!などで検索すると、埼玉県の吉見百穴の近くにある「岩窟ホテル」という場所を作った方(無論同姓同名の異人です)が結構引っかかってきますね。(岩窟ホテル、かなり前に1度見に行きました)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック