救急の日。(救急搬送の思い出)*また病気ネタ注意。

改めて、おはようございます。今日は休暇をいただいているので、自宅のパソコンからの書きこみです。

今日は「救急の日」、9月9日の語呂合わせですね。救急といえば、2年半以上前(2014年初め)に1度だけ救急搬送されたことがあります。

前の仕事場で、急に具合が悪くなり自分から「救急車…」
と言って倒れた覚えが。一緒にいた方によれば「もともと色白な人が、さらに真っ白な顔色になっていた」そうです。

救急搬送されて、某病院へ。点滴打たれたり多少の検査をされたりしましたが、結局原因不明でした(今に至っても原因はわからん…)。時間経過とともに症状が消退したので、ドクターの判断で帰宅することになりました。

すでに日付が変わる頃になっていたので、相方がタクシーで迎えに来てくれました。その日から(土日を含めて)3日お休みをいただいて、表面的には回復しました。

なお、翌日某病院に私自身が医療費を精算に行ってきました。…5桁でしたw(それでも社会保険に加入してたから、3割負担で済んだだけ遥かにマシです)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック