「飛鳥」の感想にちょっと加筆。

作品の歴史について、ちょっと触れてみました。プログラムにはすがるをとめを踊る若き日の牧阿佐美先生とか、大原永子さん、川口ゆり子さん、ゆうきみほさん、そして牧に在籍していた時の森下洋子さんなどの写真が。

個々のダンサーについてとか、詳細なキャストとかを入力していると恐ろしく時間がかかりそうなので、申し訳ないけど今日はこのくらいでご勘弁を。

観ていて(やっぱり牧の「くるみ」、土曜日のソワレだけでも観に行こうかな…)という迷いが生じました。1幕に間に合うかわからんけど、「飛鳥」でもシャープな踊りと存在感を見せたラギさんの王子様、やっぱり観たいし…どうしよう。

余談ですが、「宿題」の続きについては週末の時間があるときにやろうと思ってます。書誌情報、気合を入れて再確認したいので…。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック