九品仏付近を散策する。

CqwrCOxXYAEoY8p.jpg東京都指定天然記念物「九品仏のイチョウ」。樹勢は盛んです。

今日はこの付近に出張の用務があったので、それが済んだ後に休暇をいただきました。(歯痛による睡眠不足でえらいことになりそうだったし…)

九品仏浄真寺周辺をゆっくり歩くことにして、まずは商店街から散策開始。「冷やしアンパン」やら「桃の丸ごとパイ」やら心惹かれるスイーツがたくさんあったのですが、歯痛につきすべて断念せざるを得ませんでした。(余談ですが九品仏に限らず世田谷にはスイーツの名店がいろいろあります。私がすぐに思いつくのは成城のアルプス、尾山台のオーボンビュータン、千歳船橋の和菓子東宮くらいですが、深沢のル・パティシエ・タカギやパティスリーナオキなども有名です)

東急大井町線の踏切を越えてなおも歩くと、緑豊かな九品仏浄真寺はすぐそこです。寺域が何しろ広大なので、時間のある今日はお参りに好都合でした。特にこれといった目的はなかったものの(樹木作家wとしては)東京都指定天然記念物のイチョウとカヤは観ておきたいと前々から思っていました。

蝉時雨の中を堂宇や石仏などを眺めながら散策し、本堂などではわずかながらお賽銭を喜捨して挨拶代わりにお参りです。上品堂、中品堂、下品堂などの建築や、今は木立の中にその名残を遺すに過ぎない奥沢城址、(花は観られなかったけど)鷺草園などを巡りました。

イチョウは本堂近くだったか、すぐわかる場所に堂々たる姿で生育していたので、その姿を撮らせていただいたのが冒頭に載せた1枚です。ただし、カヤについては私が見落としたのか結局場所がわからなかったので、観ることができず残念でした。

次は(可能であれば)9月の奥澤神社例大祭(例の「大蛇お練り」写真を撮れたら撮りたい、そしてWikipediaの記事に添えたいです)に行くときに、こちらももう一度お参りしてみたいと思います。

そのまま商店街に引き返して郵便局近くの道から住宅街を歩くと、かなり前にお亡くなりになった某民放アナウンサーからフリーアナウンサーとなって大活躍したお方の住宅を見つけました。…いまだにそのお方の名前が表札に出ているのを見て、何とも切ない気持ちを覚えました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック