秋保温泉郷界隈を散策する。

覗き橋から.jpg覗き橋から磊々峡を望む。もっといろいろ写真を撮りたかったのに(+_+)

今日は9時頃に宿泊先を出て、秋保温泉郷界隈を散策してきました。

温泉街の中心に出るまで一キロばかり歩くから、暑くてちと参りました(見所や名所旧跡がやや分散している感もあります)。

秋保・里センター(観光案内、休憩所、バス停などあり)でかき氷を食べて小休止後、名取川の「磊々峡」遊歩道へ。切り立った巨大岩壁と変化に富んだ渓流が見ものです。

IMG_20160807_104515.jpg1952年製造の仙台市電ボギー車100型(119号車)。仙台市電廃止とともに長崎に譲渡され、2010年12月に廃車されるまで走り続け、2011年8月に仙台に戻ってきました。その後この地に展示保存されています。

写真を撮りたかったけど、スマホの温度が上がりすぎてカメラ機能があまり使えず残念。それでも仙台市電ボギー車(旧秋保電鉄駅舎-秋保温泉駅そばに展示)など、何枚か撮ることはできました。(仙台市電や磊々峡など、数ヶ所がポケストップになってましたw)

遊歩道から一般道に戻って、「仙台万華鏡美術館」へ。道すがらに自販機がなくて、暑くて暑くて(*_*)

サティのオルゴール.jpgオルゴール付き万華鏡。エリック・サティの名曲『Je te veux』が流れます。

美術館は大人900円、一部写真を撮ることも可能です。作家による大がかりなものや、才気ある小品などヴァリエーションは沢山、時節柄子供たちも大勢来ていて、喜んで見てました(万華鏡作成講座も実施中、夏休みの宿題にいいかもしれませんね(^^))。

手回しオルゴール付き.jpgこちらも手回しオルゴールのついた万華鏡。芸術品揃いです。

お昼ご飯は温泉街まで戻り、蕎麦屋さんで。歩いたあとの生ビール🍺が美味しかった♪天ざる1500円、生ビール500円とお値打ちでした。(水がよいから蕎麦も美味しく天ぷらの味と量もなかなか)

また歩いて宿泊先に戻りましたが…陽射しにやられたようで、しばらく寝込んでましたorz旅行先でもこれでは(*_*)

今は回復して、先ほどお土産をクロネコさんで自宅宛に送りました。ずんだ風味のブレンディカフェオレ?があったから、それも。

では、夕飯前に温泉にまた入ってくるとしましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック