フィールドワーク その2

IMG_20160619_101300.jpg大鳥神社の境内にて(トリミング済)行った甲斐がありました♪


帰宅後、洗濯して全部干し終わったところで限界が…先ほどまで寝込んでましたorz
昨日は特段の問題もなかったのに、参りました。

気を取り直して…

本日は、相方と一緒にフィールドワークに行ってきました。目的地は大鳥神社。同名の神社が都内にいくつかありますが、目黒区に鎮座する神社です。

目黒駅で下車して権之助坂を歩き、目黒川を渡って目黒通りと山手通りが交わるところに大鳥神社があります。途中に昭和レトロっぽい商店街があったけど、今回はスルー。
交差点の名前も神社と同名、地理的にわかりやすい場所です。

まずは本殿にお参りして、境内を巡りました。大鳥神社では、昨日のブログに書いたとおり「大鳥神社のオオアカガシ」(東京都の天然記念物だったが既に枯死)にまつわる物が遺されていないか探しました。ネットによる下調べでは、標柱と説明板があるとの記述が見つかりましたが、この前の虎狛神社の件もあるし、(わりと近いから)直に見に行くことにしたわけです(虎狛神社のクロマツも、一部のウェブサイトでは「切り株が遺されている」と書いてたんですよね…)。

IMG_20160619_092146.jpgこちらは「くし塚」。平成元年に建てられたもので「開運・家内安全・無病息災」のご利益があるとか。(美容週間実行委員会奉納)

境内はさほど広くなかったので、相方がすぐに見つけてくれました。説明板が枯死後に立てられたものだったため、私の手元にある資料に比べて指定及び解除に至る経緯などが更に詳しく書かれていたので、記事を立項するにしても大鳥神社の記事に加筆するにしてもよい資料になりそうです。ただし、説明板の画像を載せると著作権の問題が出そうなので、トリミングして標柱のみ載せた方が無難でしょうか。

来た甲斐がありましたが、ここでまた膝が(>_<")…目黒不動尊や大円寺などに未練を残しつつ出立しました。

帰りは登り坂を避けるために、中目黒駅に出ることにしました。(相方がこの付近に土地カンのある人だったので大いに助けられました)

ClRmz-DUYAIfZzU.jpg正覚寺境内の「目黒川水死者供養塔」。境内は穏やかなたたずまいです。

駅に向かう途上で正覚寺(日蓮宗)の前を通りかかりました。境内の奥行きが深そうだったのでお邪魔したら、由緒ある立派な寺院でした。ここでもまずお参りを済ませてから境内へ。仙台伊達家とゆかりが深く、開基は歌舞伎に出てくる「政岡」のモデルといわれる三澤初子さん。

DSC_0106.JPG三澤初子さんの銅像。威厳のあるお姿です。6代目尾上梅幸の弟子尾上梅朝が演じた先代萩の政岡をモデルとしているそうです。(1934年建立)

ここにお墓(都指定文化財)があり、立派な銅像が建てられています。初子さんのお墓は、仙台の孝勝寺にもあるとか。このお寺(正覚寺)、Wikipediaに記事があるのかな…?さっきざっくり検索したら見当たらなかったけど。←なかったです。特筆性は立派にありそうなのに。

DSC_0107.JPGこのちんまりとかわいらしい供養塔は、「橋本牧場畜牛供養塔」(目黒区指定文化財)です。近年、正覚寺の境内に移築されたとのことです。

正覚寺から中目黒の駅はわりとすぐだったので、そこからメトロに乗りました。日比谷駅で降りて新丸ビル(ちょい距離があるけど)へ行き、相方の奢りで鰻重を♪肝吸い付きでとても美味しくいただきました。

地元に戻って買い物して、帰宅後洗濯が済んだら…この体たらくです(TT)

ともあれ、今日集めた資料を整理し終えたら、次は某氏からいただいた「宿題」に取り組む番です。…結構いろいろなジャンルの記事を書いてますが、この分野は初めてだから(不安がないと言ったら嘘になりますけど)私自身の成長のためと思って頑張ってみましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック