それでも私は劇場に行く。

以前はNHKが芸術劇場などで年に数回バレエの舞台を放送してくれていたのに、最近はBS、しかも深夜帯で視聴困難な時間ばかりになってしまったような。

もともと、バレエやダンスをテレビの小さい画面で観るのはそれほど好きではありません。以前何度か実際に観賞した舞台のテレビ放送を観ましたが「全然違う」と強く感じました。

たしか萩尾望都先生がかなり前に何かの媒体に書いてらしたのが、「人間の眼は意外に自在な視野で空間を捉えている」(大意です)というのがあって、これには強く同意するところです。

表現者と観客が同じ空間と時間を共有することが舞台観賞の魅力の一つで、テレビなどの映像では臨場感がどうしても不足しています(テレビカメラでは舞台の細部をとても追いきれないし、不要なズームアップやカメラの引きで見所が台無しにされていると思ったこと多々あり)。で、時間がないとか忙しいとか咳が…とか言いながら、今月もあと2回劇場に出かける予定です。(KバレエとNBA、どちらも初見です)

…などと言っても、テレビのバレエやダンス舞台の放送はもっと観やすい時間に増やしてほしいです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック