牧阿佐美バレヱ団「ジゼル」(2009年7月公演、新国立劇場中劇場)

牧阿佐美バレヱ団「ジゼル」(2009年7月公演、新国立劇場中劇場)

7月11日(ソワレ)
ジゼル 伊藤友季子
アルブレヒト 逸見智彦
ヒラリオン 菊地研

第1幕 中世ドイツのライン川近くの農村、秋
バチルド姫 坂西麻美
クールラント大公 保坂アントン慶
ウィルフリート(アルブレヒトの部下)邵智羽
ベルト(ジゼルの母) 諸星静子
ヒラリオンの友人 今勇也、中島哲也
ペザント・パ・ド・カトルの女性 奥田さやか、米澤真弓
ジゼルの友達 笠井裕子、加藤裕美、竹下陽子、坂梨仁美、日高有梨、坂本春香、茂田絵美子、織山万梨子、館野若葉、貝原愛、大野智子、野口かほる、森脇友有里、塚田織絵、今井真彌子、小塚悠奈、伊藤隆仁、藤井学、坂爪智来、石田亮一、細野生、高 鴿、上原大也、篠宮佑一、松田耕平、濱田雄冴、L・オトゴンニャム、宮内浩之
狩の隊長 山内貴雄
狩の従者 小針亮、枌谷聖
貴族 柄本奈美、山中真紀子、杉本直央、福士綾弓、加茂哲也、鈴木直敏、飯田伊奈美、依田俊之
バッカスの扮装の少年 阿久津丈二

第2幕 森の中の墓場
ミルタ(ウィリの女王) 佐々木可奈子
ドゥ・ウィリ(ズルメ) 坂梨仁美
ドゥ・ウイリ(モイナ) 茂田絵美子
ウィリ 館野若葉、奥田さやか、小橋美矢子、柄本奈美、加藤裕美、貝原愛、竹下陽子、関友紀子、又吉加奈子、山中真紀子、大野智子、日高有梨、杉本直央、塚田織絵、鈴木理奈、今井真彌子、小塚悠奈、宮原由后、坂本春香、柳川真衣、福士綾弓、織山万梨子、竹石玲奈、米澤真弓

三谷芸術監督による改訂版の初日ソワレと2日目の2回観てきました。
三谷氏のクラシック改訂版はたまに??と思う場合(ex:くるみ割り人形)があるけど、これは穏当で好ましい演出でした。
2幕の宙乗りを使った精霊(ウィリ)達が森の中を浮遊する(ただ飛んで行くのではなく漂っているような)場面などは特に。

ただ、村の青年たちの衣装の色だけはちょっと…。(枯葉色というか土気色というか…見栄えがしないこと夥しい)折角若くて見た目のいい男の子が増えたんだから、あれでは気の毒ではないかと。

ここからは踊り手について。

伊藤友季子さんのジゼル、よかったです。
華奢で可憐な容姿が、登場のときから既に悲劇の予感を感じさせて。(最近は妙に健康そうなジゼルを観るのが多かったんで、まさに適役)

坂西さんのバチルド姫は気品があって美しさでは申し分ないんだけど、「姫」ではなく「大公妃殿下」のようでした。
(もう少しジゼルへの接し方に高貴な生まれによる鷹揚な優しさを見せても良かったんでは)

7月12日(マチネ)
ジゼル 田中祐子
アルブレヒト 森田健太郎
ヒラリオン 塚田渉

第1幕 中世ドイツのライン川近くの農村、秋
バチルド姫 坂西麻美
クールラント大公 保坂アントン慶
ウィルフリート(アルブレヒトの部下)邵智羽
ベルト(ジゼルの母) 諸星静子
ヒラリオンの友人 中島哲也、坂爪智来
ペザント・パ・ド・カトルの女性 小橋美矢子、竹下陽子
ジゼルの友達 笠井裕子、加藤裕美、坂梨仁美、日高有梨、坂本春香、茂田絵美子、織山万梨子、米澤真弓
村の若者 館野若葉、貝原愛、大野智子、森脇友有里、吉田浩子、塚田織絵、小塚悠奈、小松見帆、北中玲名、安部里奈、吉野亜祐美、菅原梅衣、伊藤隆仁、藤井学、依田俊之、石田亮一、細野生、高 鴿、上原大也、篠宮佑一、松田耕平、濱田雄冴、L・オトゴンニャム、宮内浩之
狩の隊長 山内貴雄
狩の従者 小針亮、枌谷聖
貴族 柄本奈美、山中真紀子、杉本直央、福士綾弓、加茂哲也、鈴木直敏、H・ガンウル
バッカスの扮装の少年 阿久津丈二

第2幕 森の中の墓場
ミルタ(ウィリの女王) 吉岡まな美
ドゥ・ウィリ(ズルメ) 笠井裕子
ドゥ・ウイリ(モイナ) 坂本春香

最初は伊藤さんの日だけにするつもりだったのですが、田中祐子さんのジゼルも見逃せないと思い、追加で観に行くことにしました。

その田中さん、1幕のヴァリアシオンの見せ場でポアントでケンケン(これ以外の表現が思いつかない…)のところで踵から落ちてバランスを崩すミスがありましたが、終始落ち着いて踊ってました。
2幕では吉岡さんのミルタが美しいラインを生かした踊りで、ウィリの女王たる威厳を見せて好演。

二日間ともコールドはよく揃い、見ごたえがありました。それに1幕のペザントの導入部で舞台に飛び込んできた男の子たちの元気のよさが楽しかったです。(一瞬だったので誰が誰だったか判断が難しかったけど、上原、篠宮、細野あたりだったか??)
(しかし邵さんが踊りのないウィルフリード役とはちと勿体ないような…)

追記:2009年のブログからです。(2つの記事を1つに再構成)
この年の7月公演で牧は「ジゼル」を3回公演していて、あと1回は青山季可さんのジゼルでした。(さすがに3連荘はきついので断念しました)
観たかったな、と思ってたのですが2015年秋のシビックホール公演でようやく念願がかないました。

著作権や肖像権が怖いwのでポスターの画像は載せませんが、実に美しかったんでよろしければ検索してみてください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック