遠い記憶の底から蘇るもの

本来、鉄道関係は専門外です。
(優れた記事を書くお方が何人もいらっしゃるし、ただのバレエファンが出る幕はない…と思ってた。この考えは今もそれほど変わっていません)

そんな私が、なぜか気にかかっていたのは[[北陸線列車雪崩直撃事故]]…4年ほど前に資料を渉猟して(専門外ながら)どうやら書き上げました。

何でこの事故に妙に惹きつけられたのかずっとわからなかったのですが、あるとき事故現場付近にある慰霊碑の写真を載せたブログを拝見して、思いあたる節が。

…私、これを確かに見ている!

向こうに父方の親戚がいるので、幼いころ夏休みをよく過ごしていました。
そのときに観ていたけど記憶の底にずっと眠っていた慰霊碑の説明文の内容まで思い出しました。

見たのは多分、3-4歳のときかそれよりも前かと思います。ただし、そのときに連れて行ってくれた父方の叔父夫妻は、すでにこの世の人ではありませんので、もう確かめる術は残っていません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック