朝の続き。

仕事場に着いてから、ものは試しに仕事場の充電器をお借りしてみました。…普通に充電できます。狐につままれたような気分になりながらも(まあ、いいか)と仕事に戻りました。 そして帰宅後、やはり普通に充電できています。(さっぽろわっかない??)と脳内にはてなマークが乱舞状態になりました。 使える分には特段の文句はないので、乱雑に扱わないように気をつけます…。

続きを読む

「また」スマホが(@_@;)

おはようございます。東京は夜が明けたばかり、空は澄んでいます。いい天気です。 今朝方、スマホを充電器から外したところ、電池の残量が93%に減っていました。(あれ?寝てる間に外れたかな)と思って入れ直したところ、充電マークはつかず、それどころかジリジリと残量が減っていきます。 (やばっ、また壊れた!)とパニックになりかけましたが、相方の勧めでパチモンの充電器を借りたら、普通に充電できま…

続きを読む

どうにかA席ゲット;;

やきもきしながらも昼休みを待ち、新国立劇場の先行発売サイトにアクセスしました。…すでにS席はソールドアウトでしたorz 心が折れそうになりましたが、気を取り直して11日のA席をポチっとな。これは何とか確保できました。(2階席だからこの前の「ドン・キホーテ」よりかなりマシです) 後はコロナが…あまり考えすぎるのも宜しくないから、早めにチケット代金を払うことにしましょう←2月末からの公演…

続きを読む

今週の予定

おはようございます。週明けの東京は天気がよく、そして冷え込みが厳しいです🐧。 今週は金曜日に久しぶりの研修が入っています。午後のみのため、いくらか気は楽ですが何しろ字が書けないため、当日のアンケートが提出できません(-""-;)  後、今日から新国立劇場の「ニューイヤーバレエ」の先行発売です。何としてもチケットをゲットせねばo(`^´*) では、今日も一日仕事を頑張ってきます。…

続きを読む

2015年の今日

今日は午後から記事の下書きに勤しみ、夜はzoomでのミーティングに顔を出しました(厳密には画像オフなので顔は出していませんが)。 明日の支度のために早めに落ちてから(何か忘れているような…?)と暫し考えてからこれのことを思い出しました。すでに5年も経ったのですね。 あの日も天気がよかったけど、往路ではバックレることばかり考えていたようなf(^^; バックレていたら今頃どうなっていたこ…

続きを読む

バレエ公演と「go to 」イベント

おはようございます。本日はオフにつき、食料品の買い物くらいしか予定はありません。 閑話休題、新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」の発売日が近付いてまいりました。(当然行く予定) ニュー・イヤー・バレエ かなりバランスの良いプログラムで、第一部が祝祭感ある『パキータ』(この演目、大好きです)、第二部は小品3点、第三部が「あの」『ペンギン・カフェ』です。デヴィッド・ビ…

続きを読む

不覚orz

おはようございます。朝から小雨が降り、薄暗い天気ですが、こんな日でも朝一番で某区図書館に行ってきました。 実は、記事執筆のためにお借りしていた資料の延長手続きをしっかり失念していて、借用期限が切れてしまいました。(ほぼ5年ぶりの不覚です)やむを得ず、一度お返ししてまた予約を入れるところからやり直しです。所蔵が複数あるので、他の方の借用がなければわりと早めに入手できるかと思います。 予…

続きを読む

[[ベルカ、吠えないのか?]]

おはようございます。やっと週末にたどり着きました。明日は幸いにして仕事当番ではありません。 閑話休題、本日(2020年12月4日)のウィキペディア日本語版メインページには[[ベルカ、吠えないのか?]]が掲載されています。今年8月に執筆したもので、あの[[コテージ作戦]]の記事に閃きを受けて書き始めたものです。 勢いで書き始めたのはいいけれど、あの小説が読む人を非常に選ぶタイプの代物で…

続きを読む

バーチャルツアー発見。

バーチャルツアーにもちょっと出てくるヒスイ海岸の原石展示です。 昼休みにたまたまTwitterのタイムラインを眺めていたら、フォッサマグナミュージアムのバーチャルツアーを発見しました。 バーチャルツアー|フォッサマグナミュージアム 帰宅後にものは試しでスマホからアクセスしてみたら、十分に観覧可能です。ヒスイ展示室に入ることもできて、懐かしい「翠の足」(この石の写真を撮っ…

続きを読む

本日(2020年12月3日)のウィキペディア日本語版メインページ

おはようございます。昨夜からの雨は上がりましたが、曇り空で薄暗い朝です。そして日の出がまた遅くなりました。 閑話休題、本日のウィキペディア日本語版メインページには、今年7月に共同執筆した[[糸魚川のヒスイ]]が掲載されています。現在のjawpを代表する執筆者のお一人であるN氏とのコラボによるこの記事、多大な年数と労力、そしてコストがかかりました。 過日の番組にて言及されたこともあって…

続きを読む